違和感しかない「国内生産を守る」という大義

IT縫製の「シタテル」がアパレルOEMに参入

ウェブ上で縫製工場マッチングするシタテル(熊本県、河野秀和・社長)はこのほど、素材・パーツからパターン、刺しゅうまで、アパレル生産を一括して受注できる新サービス「ジョイントSPA」をスタートした。同社は縫製工場のマッチングを行うサービス「シタテル」を、主に個人や小規模生産をターゲットに展開してきたが、ユーザーの中にデザイナーズブランドや大手アパレルが増加し、要望が多かったことから、パターンや生地、刺しゅう加工などの二次加工などのメニューを拡充。あらためて法人向けのサービスとして打ち出す。

「服を作りたい人」と縫製工場をマッチングするサービス「シタテル」がOEMに参入とのニュース。

熊本発「シタテル」はアパレルの低価格・小ロット生産を実現する、全国の縫製工場と提携で

上記の記事にもあるように、元々は国内縫製工場を守る為に作られたサービス、のはず。しかしそもそもこのサービスで国内縫製工場は守られるのでしょうか。以前から違和感があったサービスですので、ここに個人的な見解を記しておきます。※製造は門外漢に近いので間違っている場合は容赦なくご意見ください。

 

縫製工場とのマッチングサービスは屍製造機?

アパレル業界は他業界からすると比較的参入障壁が低く、事業者数が非常に多いです。最近は寡占化が進み、ユニクロのような一部の大手がシェアを広げていくようになりました。賛否両論あるでしょうが、僕は業界にとってこれは良い傾向だと考えています。(詳しくはこちらをご覧ください。→ 業界再編が活性化の鍵

寡占化が進めば業界への参入障壁は上がり、負け組プレイヤーが減っていきます。しかし、この手のサービスは参入障壁を下げるもの。もちろん新しいプレイヤーが業界に入ってくる事は良い事なのですが、サービス内容が不十分。参入させるなら「物を売るノウハウ」までサポートしなければ確実に死にます。

 理想に近いのはこちらのサービスでしょう。→ CLOSS

CLOSSはブランド立ち上げから売るまでをしっかりとサポート。服を売るのに必要なのはデザインだけでなくMDが不可欠です。(CLOSSの回し者ではありません。)どのアイテムがどの月にどのくらい売れるか、どういったスタイリングで打ち出せばいいか、展開計画も無しに物だけで勝負するのは無謀です。

「そんなものは参入するプレイヤーが努力すればいい。」と言ってしまえばそれまで。しかし売れないプレイヤーが続出したところで事業継続が難しいのですから、結局縫製工場も仕事が無くなってしまうのではないでしょうか。

 

自前で販路を築かなければ下請けからは脱却できない

縫製工場が減っている背景には、ブランド側が常に安定した仕事を供給しない事が挙げられます。縫製工場は言ってしまえばブランドの下請けです。この構図がある限り、安定的な仕事の受注が無いのは仕方が無い事です。これを脱却するには自前で販路を築くしかありません。つまり、

・ブランドが縫製工場を買収する

・縫製工場が自前でブランドを作る

の二パターンです。

海外の一部のラグジュアリーブランドは自前で職人を育成し、サプライチェーンをしっかり確保しています。ZARAは自前で工場を保有しています。過去歴史をさかのぼると、結局ブランドは垂直統合に収斂しています。FCをやって失敗したルイヴィトン、ライセンス商法を辞めたディオール、製造業からSPAに転身したインディテックス(ZARA)etc。これらを鑑みれば自前で「作る」機能と「売る」機能を整備する重要性がわかります。

縫製工場の作る力が素晴らしいのであれば、売る面をサポートし自前で販路を切り開くお手伝いをすればいいのです。口では「産地を守る」と言いながら、結局は工場に自立させずマッチングの手数料をかすめ取るのは見ていて違和感しかありません。それは元々、ブランドと工場をつないでいた「振り屋」と何ら変わらない。

※振り屋はこちらに詳しく載ってます。→ 国内縫製工場の現状はノスタルジー丸出しの物作り論では解決できない 

シタテルにしてもヌッテにしても、そしてファクトリエにしても根本は自立を促していない。今一度、自分たちのビジネスモデルを見返して、本当に循環するビジネスなのか考えてほしいと思っております。