フルフィルメント  2019-01-13

ロコンドの「自社EC支援」はどこが優れているのか?

年末年始とZOZOの話題で持ちきりですが、密かに注目を浴びているのがロコンドの田中社長。


ご本人のツイートも、ZOZOの前澤さんを意識したものが多くZOZO大喜利みたいになっています。なんてTwitterらしい応酬なんだろうか…。(ちなみに田中さんからお年玉をもらった人のツイートは検索しても出てきません…。みんな自粛しているのだろうか。。)
国内ファッションECモールは色々ありますが今だにZOZOが一強状態。(昨年の通期決算で取り扱い高が2705億円)AmazonはAmazonファッションの売上を公表していませんが、数年前と比較するとかなりZOZOに近づいてきたんではないかと個人的には推測しています。
それ以外のファッションECモールですが、こちらが実は相当な差が開いいます。マガシークやショップリストでも流通総額は250億円程度。ZOZOの十分の一程度の規模なんです。で、そんな中ロコンドがぶち上げたのが下記。
 
ロコンドが“対ゾゾ同盟” 田中社長が「圧倒的な2位グループを作る」
 
圧倒的な2位グループを作ると言ってまずはマガシークと組んでいます。そんなロコンドですが、今年度は月次報告を見ても月間売上の市場最高額を頻繁に更新しています。ZOZO1強状態からどう抜け出すのか今後の展開が楽しみです。そんな中、ロコンドの第三Qの決算発表がありましたので早速見てみる事に。
 

○第三Qで既に昨年実績を超える

通期決算を前にして、売上・粗利で既に前年実績をクリアしています。営業利益はマイナスですが、これは通期決算時に広告費にめっちゃ投資するから今年度は赤字ですよーって前もって告知してたので計算通りでしょう。


販管費の内訳見ても広告費の高騰が明らかですね。あとは3PL事業拡大に伴う荷造り運搬費がやや上がっています。
※3PL…物流の受託です。
 

○実は自社ブランドがある

ロコンドが婦人靴の三鈴商事を買収

ロコンドは以前、三鈴商事という企業を買収しています。三鈴商事はシューズのメーカーなので、ロコンドは自社ブランドを持ってるのと同じですね。

ロコンドの取り扱いのほとんどがシューズであり、「靴のロコンド」として認知されているのでシューズでのPB展開は当然と言えば当然です。今後、ロコンドの名前を付けたブランド展開もあり得るかも?「Rename」事業がこれに当たるのかなーと推測していましたが、Renameは自社EC始めましたので今ではロコンドが卸先の一つのような見え方になっていますね。
FINE、ロコンドと共同事業「LOCONDO Rename」を開始!
で、今回特に注目すべきが下記の施策。
 
○to B施策である「BOEM2.0」


 
ご本人もツイートしているBOEMという事業。
 
ロコンド2019年2月期は赤字見込み、アパレルブランド向けEC運営受託「ボエム」開始
 

決算書読む限りでは、まず大手フルフィルメント事業者が提案している「ささげ業務」や「物流」「広告運営」はもちろん、他社モールとの在庫連携も網羅しています。これ、外部サービスで導入している企業も多かったんではないでしょうか。
※ささげ業務…撮影・採寸・原稿

更には自前のCMSもあり、コンテンツ管理もこちらのサービス内で可能との事。
 
LOCONDO NOTE[ロコンドノート] 
 
余談ですが、コンテンツ管理に関してはロコンド自体がめっちゃコンテンツ少ないんで良いCMSあっても宝の持ち腐れな気はしていますね。自分たちは活用せんのかい(笑)とツッコミが入りそう。



メルマガやカスタマーサポート、ポイント連携などのCRMソフトも完備。これらのCRMも外部サービスと連携しているところ多かったと思うので窓口が一つになるのは利便性高そうです。

更にはペイメントまで。。
その他、開発中サービスが二件ほどあり至れり尽くせりな感じですね。これ確かにto Bでここまでやってくれるところ無さそうです。気になるのはCMSの使いやすさですね。これ、どのASPがいいかって色々な人に聞くんですけどみんな消去法なんです。「ここがいい!」って聞いた事が無いので、ロコンドが最適解になるのかどうか気になるところです。
まとめますと結局やってる事って、
○本業のECモールで取り扱い高増やす!(TVCM)
○他社ECモールとの連携進める!(マガシーク)
○to B施策強化!(BOEM2.0))
○自社ブランド強化!(三鈴商事)

 
ってところなんでZOZOと方針はそれほど変わらないかなぁといった印象です。唯一違うのは連合ですね。最近ではアパレル企業同士が連合組んでモール作るなんていう動きも出てきていますので、このあたりの目的は似通っているんではないかと。2020年に300億円の計画なんで、今のままZOZOに追いつこうと思うと連合10社以上必要な気もしますが。。。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 同質化する店頭

    2020-02-10  ブランド・ビジネス

    数年前ほどではないですが、今でも新しい商業施設がいくつかオープンしています。 しかし、個人的にはショッピングセンターにしろ、ファッションビルにしろ、同じようなブランドばかりが入店しているので、あまり興 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング