ブランド・ビジネス  2019-01-20

ユニクロのデザイナーコラボを過去から全部まとめてみた

この秋冬、ユニクロのヒートテックがアレキサンダー・ワンとコラボという事で話題になりましたが、過去からもユニクロはデザイナーズブランドとのコラボを積極的に進めています。今回のアレキサンダー・ワンは、Tシャツをメインとしたラインの「t by alexander wang」があるので、ヒートテックとのコラボは親和性が高いんではないかと。(アレキサンダー・ワンとユニクロは以前にもコラボしていたんですが、その時はあんまり話題になっていなかったような…。)グローバルSPAでコラボと言えば皆様H&Mの印象が強いんですが、最近になってユニクロもかなり注目を浴びてきたように思いますので、ここで過去のコラボを含めて振り返ってみたいと思います。
 
2006年 ユニクロの秋冬商品戦略スタート、デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト始動!
 
まずは2006年。この年、結構な数のデザイナーと一気にコラボ商品を出しています。上記プレスリリースより抜粋しますと、
 
<デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト商品群 販売概要>
■Felipe Oliveira Baptista (フェリープ・オリベイラ・バティスタ)
[ウィメンズ]
■10月6日~ Nicolas Andreas Taralis(ニコラス・アンドレアス・タラリス)
■11月10日~ Adam Jones(アダム・ジョーンズ)
■12月1日~ mintdesigns(ミントデザインズ)
[メンズ]
■9月15日~ シアタープロダクツ
■11月3日~ Scye(サイ)
■12月22日~ ILIAD(イリアド)

 
ミントデザインズやシアタープロダクツ、サイなど日本のブランドとの積極的なコラボが見てとれます。が、今のような圧倒的知名度のあるデザイナーはこの時まだ出てきません。
 
 
 
2006年にはハンアンスンとコラボしていますね。しかし、全く情報ソースが出て来ず。。メディアでもあまり取り上げられなかったのでしょうか…。
 
HAN AHN SOON Official Site
2006年 株式会社HAN AHN SOON設立 その他、コラボ企画としてユニクロHANAHNSOONラインの展開、ハローキティーコラボ、釡山コレクションの招待デザイナーとして出展、ニューヨークの名門 F.I.T.(ファッション工科大学)大学美術館にての展示など、諸々のプロジェクトに参加する。この頃、海外セレブが着用し話題となる。
 
 
続いて2007年の記事。この時に発表されたブランドが下記になります。

ユニクロ「デザイナーズ インビテーションプロジェクト」、気になる売れ行きは? – 東京
 
「アリス・ロイ(Alice Roi)」、「3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)」、「サトルタナカ(SATORU TANAKA)」とのコラボレーション商品の販売が始まった。白、黒、グレーでミニマルなシルエットのアイテムを展開した「サトルタナカ」も好調だが、飛び抜けて人気なのは都内セレクトショップで人気の「スリーワン・フィリップ・リム」だ。
 
上記抜粋部分にもあるように、当時フィリップリムは超人気ブランドでしたので驚きのコラボ、、、のはずが市場に与えるインパクトはさほど無かったように記憶しています。
 
同2007年にはビューティフルピープルともコラボしていますね。

ビューティフル ピープルがユニクロのデザイナーズ・インビテーション・プロジェクトに参加
 
 
2008年、ユニクロとアレキサンダー・ワンが初めてコラボした時の記事になります。当時、ワンはちょうど人気に火がつき始めたところだったと記憶していますのでユニクロの目の付け所がいかに早かったかがわかりますね。しかし、フィリップリム同様、これもそこまで話題になっていなかったような。。やはりモード界で有名なデザイナーでも一般の知名度は知れてるんでしょうね。
 
ユニクロ×デザイナーズ第3弾発表
「Alexander Wang(アレキサンダー・ワン)」、ブラジル発「Juliana Jabour(ジュリアナ・ジャボール)」、メンズではN.Y.デザイナー「Tim Hamilton(ティム・ハミルトン)」、N.Y.のクリエイティブ集団「ローデン・デイジャー」らが起用されている。
 
 
2009年、こちらは皆様比較的記憶に新しいんではないかというジルサンダーとのコラボライン「+J」(プラスジェイ)。この時くらいから業界内でもコラボが話題になっていたように思います。当時僕が勤務していたのはラグジュアリー系ブランドを取り扱うアパレル商社だったのですが、周辺の営業マンから販売員まで多くの方が購入されていました。それでも一般的に「売れている」というレベルでは無かったんですが、コラボの認知度は高かったんではないでしょうか。

ついにベールを脱いだ ユニクロ×ジルサンダーの新コレクション「+J」
 
 
2010年にはキミノリモリシタとのコラボラインを発表。ミリタリーに特化したコレクションが販売されています。

ユニクロ、デザイナー森下公則とコラボ「KMコレクション」
 
 
2012年にはG.V.G.V.とバルコニー アンド ベッドとコラボ。この時期までドメスティックブランドとのコラボ多いですね。国内でのブランディングを目的としていたんでしょうか。

ユニクロ×G.V.G.V.、バルコニーのコラボが9月に発売
 
同2012年。これも忘れられがちなアンダーカバーとのコラボ。元々裏腹ブランドだったアンダーカバーはこの時期には既にパリコレに進出。過去、ユニクロがコラボしたドメスティックブランドとは一線を画する存在になっていましたが、それでもあまり話題になっていなかったような。。

ユニクロ×アンダーカバー「UU」第1弾ヴィジュアルブック公開
 
 
2014年にヘルムートラングのデザイナーがプロデュースしたスウェットのラインが販売されています。
ユニクロの2014年秋冬スウェットコレクション本格スタート
 
 
モデルであり、デザイナーでもあるイネスとのコラボ。そして元エルメスのデザイナーであるルメールとのコラボに関しては現在「ユニクロU」という定番ラインにまで発展しています。JWアンダーソン(現ロエベ)やトーマスマイヤー(元ボッテガヴェネタ)のコラボはもう多くの方が現在店頭でお見かけしている事でしょう。このあたりからコラボの認知度もかなり上がってきたんではないかと。
 
ユニクロ× イネス・ド・ラ・フレサンジュの特別コラボが全世界で発売!
 
ユニクロとルメール(LEMAIRE)がコラボ 2015年秋冬発売
 
UNIQLO × J.W.Anderson 2017秋冬コラボコレクションが9/22から発売予定
 
ユニクロの新作コラボ!トーマス マイヤーと初のリゾートコレクションが超可愛い♡
 
上記、コラボをまとめてみましたが数えただけでも、
 
フェリープ・オリベイラ・バティスタ
ニコラス・アンドレアス・タラリス
アダム・ジョーンズ
ミントデザインズ
シアタープロダクツ
サイ
イリアド
アリス・ロイ
3.1 フィリップ リム
サトルタナカ
アレキサンダー・ワン
ジュリアナ・ジャボール
ティム・ハミルトン
ローデン・デイジャー
ジルサンダー
アンダーカバー
イネス・ド・ラ・フレサンジュ
ルメール
J.W.アンダーソン
トーマスマイヤー
ハンアンスン
ビューティフルピープル
ヘルムートラング
キミノリモリシタ
G.V.G.V.
バルコニー アンド ベッド

 
何と20名以上のデザイナーとコラボしています。これだけブランディングやプロモーションに力を入れてるんですから、ユニクロの今のポジションも頷けますね。今回のヒートテックのコラボ自体がどれほどのセールスになるかはわかりませんが、過去からの経緯を見てみますと中長期的にデザイナーとのコラボはユニクロのブランド価値をどんどん向上させているような印象を受けます。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ZOZOが買収されたので、今までとこれからの事を総括してみた!

    2019-09-27  フルフィルメント

    ZOZO買収 ヤフー、反攻へ重圧「1位しか許されない」 ソフトバンク傘下のヤフーが、衣料品通販サイト運営のZOZOの買収を決めた。国内のネット通販企業の買収では過去最大となる。10月に社名を「Zホール […]

  • LVMHプライズが24 Sèvresの1コンテンツに

    2019-09-06  ブランド・ビジネス

    LVMHプライズ2019のファイナリスト8組が手掛けるアイテムが「24S」で発売 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン グループが運営するECサイト「24 Sèvres(以下、24S)」で、「LV […]

  • 2ヶ月で10万PVを達成したメンズWebメディアの運営手法

    2019-09-06  ファッション全般

    ソーシャルメディアが勃興して10数年が経ち、今やWebから情報収集するのが当たり前になった時代。ブランドも以前は広告の出稿先がほぼファッション雑誌に限定されていましたが、昨今ではそれだけだとリーチでき […]

RECENT ENTRIES

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!⑦

    2019-12-12  ブランド・ビジネス

    ・前回の振り返り 前回の記事では、MDが持ち合わせる権限。   ① (売れる商品を売れる分だけ)仕入すること。 ② 買いやすい価格に変更(セールする)し、売上点数を伸ばすこと。   […]

  • ラグジュアリーブランドが生まれにくい社会とは

    2019-12-09  ブランド・ビジネス

    日本国内には様々な洋服ブランドがあります。低価格ゾーンから高価格帯までありますが、欧州に見られるようなラグジュアリーと呼ばれる超高級ブランドはありません。 コム・デ・ギャルソンやヨウジヤマモト、イッセ […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用しよう!⑥

    2019-12-05  ブランド・ビジネス

    ・7月仕入予算金額通りに仕入をすると、在庫がヤバイ状況に? 前回の記事では、7月の仕入金額を予算通り発注したら、7月以降の在庫金額はどうなるのか?ということまでお伝えしました。 売上・粗利・仕入・在庫 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング