ブランド・ビジネス  2016-03-28

ブランド化するメディア

近年よく見られるECのメディア化、そしてメディアのEC化ですが、

 

「ECのメディア化」がもたらすもの

 
これは世界に目を向けてみても様々な事例があります。その代表的な例がstyle.comとネッタポルテの事例ではないでしょうか。
 
 

米コンデナスト「Style.com」を方向転換 今後はECサイトとして運営すると発表
 

style.comは元々コレクション情報を中心に配信していた世界的なウェブメディアですが、2015年に突然ECへの方向転換のニュースが流れ、現在では同メディアはVOGUE RUNWAYへと名前を変え、ECはヨーロッパからテストされアジアへ展開との予定です。

 
 

「Style.com」がニュース配信終了、コレクションデータは「Vogue.com」に移行

 

ラグジュアリーECのネッタポルテはECと連動した雑誌を持っており、こちらは電子版もありますからオウンドメディアを運営していたと言えるでしょう。

 

eコマースと直結したファッション誌『ポーター』の実験:紙とデジタルの新しい関係

 
 

メディアのマネタイズはECに収斂している

これらの事例から推測される事は、メディアのマネタイズはECに収斂しているという事。ソーシャルメディアのBUYボタン然り、マネタイズの選択肢を広告収入以外にも広げようという戦略なんでしょうか。確かにトラフィックがあがればマネタイズの手法としてはECかコンテンツ課金あたりになります。将来的に広告収入だけで利益をあげ続けられるかも懐疑的な声がありますから、これからますますこの流れは加速するでしょう。

 

5年後、メディアは稼げるか?

 

最近流行りの動画メディアも同じ流れのようですね。まずはメディア運用で集客し、その後ECでマネタイズという手順です。

 

動画でスマホショッピング 3ミニッツが日本初のアプリ「GINI」発表

 
 

メディアやECモールが独自のブランドを展開

そして結局各メディアが同じ事をやってくれば、今度は集客する為の差別化を考えなくてはなりません。そうなるとメディア発のブランドが誕生してくるでしょう。というか既に紙媒体ではいくつか出てきていますね。

 

集英社が「エクラ」をブランド化 ターゲットは50代女性

 
 

2週間で1200枚販売、雑誌「STORY」のレースTシャツが人気

 
 

雑誌「eclat」では限定アイテムがありますし、バンヤードストームは雑誌「VERY」とのコラボブランドです。そして中にはソーシャルメディアまでもがブランドを出すなんていう事例もあります。「Tumblr」がアパレルラインを発表とのニュースは衝撃的でしたね。買収先の米Yahooが解体寸前ですのでこの取り組みもどうなるかはわかりませんが…。

 

2016年春夏ファッションウィークで見つけたデジタルテクノロジー×ファッション(ファッションテック)のトレンドをおさらい!-「Tumblr(タンブラー)」がアパレルをスタート-

 

元々ファッションブランドを保有している企業はメディアでもECでも差別化できますが、メディア発のECサイトでは究極、他のショップで同じ物が買えてしまいます。meryのようなキュレーションサイトはまだECの導線でしかないですが、これもいつ独自のブランドを出すかわかりません。雑誌社が独自ブランドを出している訳ですから、Webメディアがブランドを作り出しても何ら不思議ではないのです。

 

伊勢丹やルミネのようなデベロッパーがPB開発しているように、eclatやVERYやSTORYが独自ブランドを作ったように、今後はMERYやC CHANNELが独自のブランドを展開する日が来るのかもしれません。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。コンテンツマーケティングをメインに、ECサイト構築・運用・コンサルティング、ブランディング戦略立案、オウンドメディア構築、販促企画などをやってます。最近はODM・OEMメーカーのブランド設立支援、IT企業のアドバイザー、服飾専門学校講師、ライター業なども手がけてます。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

株式会社StylePicks CEO。コンテンツマーケティングをメインに、ECサイト構築・運用・コンサルティング、ブランディング戦略立案、オウンドメディア構築、販促企画などをやってます。最近はODM・OEMメーカーのブランド設立支援、IT企業のアドバイザー、服飾専門学校講師、ライター業なども手がけてます。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ECの新規獲得はどうしたらいい?

    2021-01-08  ECディレクターの為の教科書

    ECにおける重要な機能は「機会損失の回避」であり、まずはここを防いでいく事がコストに対して売上のインパクトが大きいというお話を以前からしてきました。そして、よく勘違いされているのが「ECを始めれば売上 […]

  • ECのサイトコンテンツとソーシャルはどう連動させる?

    2020-12-25  ECディレクターの為の教科書

    EC運用のディレクションをしておりますと、避けては通れないのが「ソーシャルメディア」の活用法。筆者はソーシャルの専門家ではありませんので、ブランドとしてどういった方針でソーシャルを運用するか?について […]

  • サイトコンテンツの充実は何の為?

    2020-09-25  ECディレクターの為の教科書

    機会損失はある程度回避出来てきた。 メルマガ等で会員に告知も徹底している。 店舗活用で見込客をECに誘導した。   ここまで来るとEC担当者は「そこそこ運用が回ってきたな」と体感でも感じてく […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング