ブランド・ビジネス  2018-10-01

ラグジュアリーブランドのグループをまとめてみた

マイケル・コースがヴェルサーチェ買収間近 2600億円相当で

マイケル・コース ホールディングス(MICHAEL KORS HOLDINGS以下、マイケル・コース)がヴェルサーチ(VERSACE)を21億ドル(約2352億円)で買収した。2017年に現金8億9600万ポンド(約1326億円)で買収したジミー チュウ(JIMMY CHOO)に加えてヴェルサーチを傘下に収めたことを機に、マイケル・コースは社名をカプリ ホールディングス(CAPRI HOLDINGS以下、カプリ)に変更する。
 

マイケルコースが昨年のジミーチュウ買収に続き、今度はヴェルサーチェ(この呼び方慣れない…)の買収と立て続けに動きを見せており、とうとう社名まで変更。この動き、めっちゃ既視感あるな、、、と思ってたんですが、タペストリー(coach)と同様ですね。
 

米コーチ、競合のケイト・スペードを買収
 

コーチがタペストリーに社名変更
 
最近のラグジュアリーグループの変遷が激しいので、自分の勉強がてらグループをまとめて記載しておこうと思います。
 
「LVMH」「Kering」「Richemont」は下記をご参照ください。
 
ラグジュアリーブランドの営業利益を比較してみた!
 

 

○CAPRI HOLDINGS(カプリホールディングス)


 
・Michael Kors $4,496,000,000(5125億4400万円)
・Jimmy Choo $222,600,000(253億7640万円)
・Versace €668,000,000(881億7600万円)

 

※1ドル=114円 1ユーロ=132円で計算
 
カプリホールディングスは今回の買収で上記3ブランドが傘下に。直近の通期決算の数字も合わせて記載しておきます。現状の数字を合わせると6000億円を超える規模になるようですね。
 
 

○Tapestry(タペストリー)


・coach
・Stuart WeitzMan
・kate spade


対するタペストリーですが、ケイトスペードが入っていない数字で売上が44億8830万ドル(5116億6620万円)。
 
Kate Spade & Co. | Revenues & Sales | 

ケイトスペード単体で約1500億円程度なので、ややタペストリーの方が規模が大きいですね。
 
 

○OTB


 
・diesel
・Maison Margiela
・Marni
・Dsquared2
・Paula Cademartori
・Viktor & Rolf
・Vivienne Westwood
・Just Cavalli

 

 
ディーゼルを傘下に持つOTBグループは€1,580,000,000で2000億円をちょっと超えるくらいの規模ですが、傘下ブランドの名前が豪華。ヤンキー界で絶大な支持のあるディーゼルは日本での存在感が中々のものですから、思ってたより数字が小さいですね。創始者のレンツォロッソが日本好きっていうのもあるのかな。。
 
 

○PVH


 
・CALVIN KLEIN
・Tommy Hilfiger

 
ラグジュアリーブランドって訳でもないんですが、カルバンクラインが入っているのでとりあえずピックアップ。メインの2ブランド以外にも、
 

 
下着やスイムウェアなど、機能性商材もあり、ブランドの展開は多様。売上が$9billion(約1兆円)と上記3社よりも大きい規模ですね。
 
 

○Prada group


 
・PRADA
・miumiu
・Car Shoe
・Church’s
・Pasticceria Marchesi

 
すっかり忘れていましたが有名なグループがまだ残っていました。以前はジルサンダーなんかも傘下に収めていたものの、外れてからはグループ拡大は落ち着いてた印象あったんですがいつの間にかまたグループが大きくなっているような。。売上規模は€3057,000,000(4035億2400万円)で、洋菓子のPasticceria Marchesiも含めての数字にはなります。
 
 

○TOD’S group


 
・TOD’S
・Fay
・Hogan
・Roger Vivier

 
シューズ・バッグの印象が強いTOD’S groupは傘下に4ブランド。
 
Tod’s sales decline 4.1 percent in FY17

売上は€963,300,000(1271億5560万円)傘下ブランドも他社と比較すると認知度も低いでしょうし、比較的規模は小さいですね。
 
上記が代表的なラグジュアリーのグループになります。ラグジュアリーブランドを買収してもシナジーを生み出すにはLVMHのように一定の規模が必要になりますから、今後も再編はどんどん続いていくものと思われます。タペストリーとカプリホールディングスの動きは注目ですね!

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう③

    2020-01-23  ブランド・ビジネス

    では、今回からいよいよ本題の、商品の売れ筋等を見極める際に使用されるような帳票をベースに、 商品分析についての話をしていきます。   ・前回の振り返り その前に前回の振り返りを致しますと。。 […]

  • タキシードを着るのは非日常か?メンズブライダルが日本市場に根付かない理由

    2020-01-21  ブランド・ビジネス

    既婚者であるなら、タキシードに袖を通した経験は多くの方があるでしょう。   しかし”タキシードを今も継続的に着用している”という方は日本にはほとんどいないのではないでしょうか。そんなタキシー […]

  • 商品分析について考えてみよう②

    2020-01-16  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回から、週や月等の会議やMTで行われていると思われる、商品分析について取り上げて います。 商品分析について考えてみよう① そもそもの、会議やMTの本来の目的は、 ”(結果が […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング