アパレルMDの為の教科書  2019-02-21

マーチャンダイザーの仕事は大きく分けて2つある?

・あらためて”5適”をみてみると、気づくことはないか?

前回まで、マーチャンダイザーの仕事のを実行する上で、重要な顧客の欲求・要求に”適う”こと。”5適の話をさせて頂きました。そして、その前にブランド・ショップコンセプトを明確に具体的にすることの重要性を話してきました。

5適とは?④~適格。影のコンセプト~

ここで改めて、前回まで話してきた5適を以下、簡単に纏めると。

・適品→顧客に欲求・要求に適う商品を提供する。
・適所→顧客が探しやすい場所に商品を展開する。
・適時→顧客の欲求・要求に適うタイミングで商品を提供する。(とくにいつまで売るかを決めておくことが大事)
・適量→顧客が欲しい分だけの数量の商品を提供する。
・適格→顧客ターゲットに見合った価格で商品を提供する。

このことでした。
ここで、皆さん。この”5適”を見て何か気づくことはありませんか??

マーチャンダイザーの最重要な仕事は、当然のことながら、ターゲットの顧客が欲しがる商品を考えることです。5適で言えば、適品になるでしょう。
元来。商品ディレクション。デザイン。トレンド等が重視されるアパレル・ファッション業界では、このことに多くの組織が力を注いでいます。

しかしながら、5適の”適量”のは数量。”適格”には、価格。と。数字のことが絡んできます。

・マーチャンダイザーの仕事は、商品面と数字面に分類される?

顧客が欲しがる品揃えを考える仕事。その品揃えされた商品の数量を必要な分だけ、仕入れる作る仕事。そして、ブランド・ショップコンセプト見合った価格(値段)を設定すること。

また、前回までの5適の話でも触れたように、適時と適量は密接に結び付けて考えなければなりません。とくに、販売期間や販売終了日の設定が曖昧だと、顧客の欲求・要求に適う商品数量の提供ができなくなります。

これらのことから、見てみると

”マーチャンダイザーの仕事は、商品面。数字面と大きく2つに分類されます!”


このことを、私の独断と偏見でアパレル・ファッション業界で考えると、以下のような仕事になります。

組織よっては、数字面の仕事をする人がマーチャンダイザー。商品面の仕事の責任者はディレクターと呼ばれ、その仕事を大手組織などは分担もしています。また、バイヤーの業務は、マーチャンダイザーの仕事の一つにすぎません。

このことから、見えることはマーチャンダイザーの仕事の量は、めっちゃ多い!ということです。
次回の連載では、大きく2つに分類されるマーチャンダイザーの仕事を、より深く考えていきます。
では皆様。次回をお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング