ブランド・ビジネス  2018-10-01

ZOZOのPBが届いたので率直な意見を述べてみます

ZOZOSUITをお持ちでない方へ
先日、上記のような特設サイトが出現し困惑した方も多かったのではないでしょうか。なんせZOZOSUIT発表の際は「サイズデータを握りにいったZOZOはやっぱりすごい!」みたいな雰囲気だったのに、”身長・体重入力したらPBが買えます!”って急に言われたら、「あれ、サイズデータは…?」って思いますよね。しかも誤差3センチ以内でという条件付き。。様々な方からツッコミ入ってますが、誤差3センチはもはやサイズが違う…。
 


 
で、試しに身長・体重入力して購入するタイプで発注しようとしたらサイズは上記のように表示されました。
 

◯身長・体重入力

胸囲:98㎝
肩幅:42㎝
着丈:65㎝

(VネックTシャツ:ブラック)
 
ウエスト:79cm
ヒップ:97cm
総丈:99cm

(スリムテーパード:ライトインディゴブルー)
 
一応ZOZOSUITでの計測数値と出張採寸での計測数値も記載しておきます。
 
 

◯ZOZOSUITで計測

胸囲:91.4cm
肩幅:45.7cm
身丈:48.7cm

 
ウエスト:75.8cm
ウエスト(腰骨上):85.5cm
ヒップ:94.3cm
総丈:99cm

 
 

◯出張採寸データ

上胴:94cm
肩巾:45cm
着丈:71cm

 
中胴:79cm
ウエスト:86cm
尻囲:99cm
総丈:93cm

 
データ見た感じ、発注する前は、
 
「肩小さくない?」
「パンツのサイズ小さそうで心配…。」

 
などなど思っておりましたがとりあえず発注。
 

 
商品が届いたので着用してみましたが、予想とは違った点がいくつかあったので率直な意見を記載しておきます。(パターンはど素人なのでそこは言及しません。)
 
 

◯Tシャツは肩より胸がきつかった


 
うーん、写真じゃ全然伝わらん…。胸囲は採寸データより大きかったのであまり心配してなかったんですが、何故か首と胸が引っ張られる感じでした。「着てられない」というほどでもないので許容範囲ではありますが。肩は問題無かったんで、上半身はそれほど問題無し。まあジャージーで問題あったらかなりやばいかと。。ちなみに僕は似たようなVネックの黒のTシャツ持ってるんですが、
 

こちらがZOZO(1200円)で、

こちらが既製品。(colony2139:980円 Mサイズ)
colony2139は首や胸はパツパツにならないし値段もこちらの方が安いので、こちらで十分…。
 
 

◯デニムはウエスト以外のサイズ感は特に不満無しなんだけど…


 
一見普通に見えますが、、
 

 
ウエストのボタンがとまりません(笑)1ヶ月で太ったのかな?と思って体重測ってみたんですが、ほとんど変わってなかったので体型が変化した訳ではなさそう。ただ、ウエストのボタンとまらないパンツを履くことは無いので、使い物になりません。。太ももの太さやレングスは特に不満無し。
 

お尻周りはややだぶついてる感ありますね。
 


 
レディースもこのあたりは同様のようですね…。
 
 

◯ポケットが使いにくい

気になったのはポケット部分。浅い訳でも、ポケット口が小さい訳でもないんですが、手が入りにくい。ウエスト小さいから当然か。。ウエスト位置がジャストなんだけど、ユニクロとか大体腰骨に合わせてるので比較すると結構違和感あります。
 
【ユニクロオンラインストア】EZYジーンズ
 
ユニクロで同様の「スリムフィットテーパード」を探してみましたが、こちらのEZYジーンズの1タイプがそれに当たります。この商品、ウエストがリブですし、ストレッチのきいた「ジョグジーンズ」です。価格は3990円とほとんどZOZOと変わりません。
 
発注してみて思ったことは、デニムやTシャツは既製品のサイズ展開で対応できるし、この精度ならその方が外れがないです。サイズ合わせる為の施策で精度がこれじゃまず発注する意味が無いですね。これで「オーダー」って言っていいのか超疑問です。「自分だけなんかな?」と思ってTwitter見てみたら、ZOZOカスタマーサポートのリプ欄が連日の謝罪でえらい事になってます。中の人かわいそう。。
 
まだ成長段階のサービスなんでしょうけど、「事前にテストとかしてないんかな…。」と思わせるような内容です。挑戦する事は素晴らしいんですけど、ZOZOくらいの規模の会社がちょっと杜撰すぎるんじゃないでしょうか。まだまだSUITでの計測は始まったばかりですので、どんどんサイズデータを収集して、精度が上がってくれる事を願います。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう③

    2020-01-23  ブランド・ビジネス

    では、今回からいよいよ本題の、商品の売れ筋等を見極める際に使用されるような帳票をベースに、 商品分析についての話をしていきます。   ・前回の振り返り その前に前回の振り返りを致しますと。。 […]

  • タキシードを着るのは非日常か?メンズブライダルが日本市場に根付かない理由

    2020-01-21  ブランド・ビジネス

    既婚者であるなら、タキシードに袖を通した経験は多くの方があるでしょう。   しかし”タキシードを今も継続的に着用している”という方は日本にはほとんどいないのではないでしょうか。そんなタキシー […]

  • 商品分析について考えてみよう②

    2020-01-16  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回から、週や月等の会議やMTで行われていると思われる、商品分析について取り上げて います。 商品分析について考えてみよう① そもそもの、会議やMTの本来の目的は、 ”(結果が […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング