店舗マネジメント  2018-09-10

100万PVのファッションECサイトはどんなコンテンツで構成されているのか?

ドラフト メンズEC「ディーコレクション」が好調

福井県あわら市でメンズ向けファッションECサイト「ディーコレクション」を運営するドラフト(伊藤佑樹CEO=最高経営責任者)は、おしゃれ初心者対象、直営サイト強化に転換して以降、会員数・サイト閲覧数・収益を大幅に伸ばしている。今期(19年2月期)の売り上げは50%増の10億円になる見込みだ。
 

繊研さんの記事にて気になるwebサイトがあったのでピックアップ。ECサイトの成功事例のようですが、どうやらコンテンツマーケティングで成功している模様。特筆すべきは下記でしょうか。
 

そこで15年に対象客を「おしゃれ初心者」へ刷新し、加えて客の教育メディアとなるべく直営ECの強化へと切り替えた。コーディネート画像は上下の着こなし方のアドバイスを大幅に充実。サイトでは1商品当たりの着こなし画像を30枚以上掲載する。
 

という訳でターゲティングを「おしゃれ初心者」に設定し、そこに合わせたコンテンツ。。なんか聞いた事あるな…、と思っていましたが、これMB氏とターゲティング一緒ですね。MB氏を知らない方は下記をご覧ください。
 
【最も早くオシャレになる方法】現役メンズファッションバイヤーが伝える洋服の「知り方」/ Knower Mag
 
で、Dコレクションのaboutページですが、
 
Dcollectionclubd.co.jp

私たちがお送りするオシャレ情報の目的はたった一つ、『簡単にオシャレになる』ことです。

やはり言ってる事は似ていますね。おしゃれしたいけど何着たらいいかわからないっていう層は確かに多くいそうなので狙いたいところ。ではサイトの中身を細かく見ていきましょう。
 
 

○トラフィック


全体のトラフィックですが、1,142,000セッションと地方の1専門店の規模を超えるくらいのトラフィックを叩き出しています。PVは280万程度まで伸びてますね。「ページ/訪問者」がやや低いのが気になります。ECサイトと統合したら1セッションあたり4〜5PVくらいは軽くいかないと微妙なんですが、記事だけ読んで離脱する人が多いのでしょうか。
 
 

○集客の内訳


集客の内訳は大半がオーガニックから。これだけコンテンツあってソーシャルが強化されていないのもやや気になります。
 

 
Twitter    4210
Facebook 2684
LINE@     55351
youtube   22165

 
ソーシャルの内訳は上記の通り。何故かwebサイトにソーシャルアカウントのリンクを貼ってませんね。Twitterは投稿頻度も高く手を抜いてる訳では無さそうですが、やや内輪ネタが多く、ユーザーにお得な情報という印象がそれほど伝わってきません。Facebookは投稿頻度めっちゃ低いので完全に手を抜いてますね。ソーシャルは頑張ればもっと伸ばせそう。ソーシャル自体のセッションは全体の1%くらいなので月間10000セッション程度でしょうか。その中でのトラフィックはyoutubeからで半数以上を占めています。
 
 

○商品詳細ページ


メガネスーパーの川添さんも言及されていますが、商品詳細ページはかなり手間暇がかかったものになっています。
 
BIGシルエット7分袖スウェットTシャツ
 

 
めっちゃ縦長のページで楽天の仕様と似ています。大きい画像と簡単な説明でわかりやすく商品を解説。
 

返品理由まで明記してあらかじめ注意喚起するところも秀逸ですね。とにかく随所にユーザーに優しい点が見受けられます。
 
それ以外に個人的に良いと思った点をいくつかご紹介しておきます。
 
 

○トップページ


コーディネートを探すときのキーワードの切り取り方が初心者向けでわかりやすい。ナビゲーションが格好つけずに全て日本語でとにかくわかりやすいし、文字も大きいから視認性に優れています。そこまで感度高くない商材だからこそできる施策ですね。そこそこ高いアイテムもあるんですが、前面で訴求するのは低価格アイテムばかり。初心者には安い商材でエントリーさせて、ファン化したら客単価アップの為に高額品を販売という流れなんでしょうかね。
 
 

○コンテンツ

オシャレの教科書®を読めば「オシャレだね」って言われるようになります

 
漫画コンテンツまであって、とにかく手間暇がかかっています。(しかもちょっと「モテ」を意識したようなやつ。。)
 
オシャレのプロ厳選!毎月3,980円でオシャレになれる – Dcollection
 
なんと3980円の定期便まであるぞ。。
 
と、これだけ情報量の多いサイトになっています。コンテンツマーケティングの重要性は過去から叫ばれてはいますが、ここまで実践できないと勝てないというエビデンスですね。成功事例は簡単に語られるけど実行する事は非常に難しい。言うはやすし行うは難し…。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。コンテンツマーケティングをメインに、ECサイト構築・運用・コンサルティング、ブランディング戦略立案、オウンドメディア構築、販促企画などをやってます。最近はODM・OEMメーカーのブランド設立支援、IT企業のアドバイザー、服飾専門学校講師、ライター業なども手がけてます。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

株式会社StylePicks CEO。コンテンツマーケティングをメインに、ECサイト構築・運用・コンサルティング、ブランディング戦略立案、オウンドメディア構築、販促企画などをやってます。最近はODM・OEMメーカーのブランド設立支援、IT企業のアドバイザー、服飾専門学校講師、ライター業なども手がけてます。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • UGCはどう増やす?

    2020-07-31  ECディレクターの為の教科書

    普段皆様がブランドを認知するきっかけは、どのようなものがあるでしょうか?筆者も過去、様々な人にこの質問を投げかけてきましたが、大抵は下記項目が挙がります。   ◯店舗・商業施設 ◯家族・友人 […]

  • 指名検索の「種類」によって変わるEC運用

    2020-07-17  ECディレクターの為の教科書

    指名検索はどう購買に繋げるのか? 前回記事にて、指名検索を購買に結びつける方法を記載しましたが、一口に指名検索と言っても様々なキーワードの組み合わせが存在します。よくあるのは下記のようなものでしょうか […]

  • 指名検索はどう購買に繋げるのか?

    2020-07-10  ECディレクターの為の教科書

    ブランドネームで検索行動を起こす「指名検索」ですが、これが発生しているとそのブランドは当然需要があるという事です。しかし、それが発生しているにも関わらず売上が適切に取れていないケースもあったりします。 […]

RECENT ENTRIES

  • 定番品の仕入予算設計は”売れる分だけ仕入する!”でいいの?②

    2020-08-05  アパレルMDの為の教科書

    前回の記事では、商品管理ルールに”定番品”という定義を持ち込んだ場合。仕入予算設計の基本ルールである。”売れる分だけ仕入する!”という大前提で仕入予算を組む際には、期首在庫の金額がどれくらいあるのか? […]

  • Tシャツもセーターも「編み物(ニット)」って知ってた?

    2020-08-03  繊維の基礎知識

    お久しぶりです。   ちょっと期間が開いてしまいまして申し訳ありません。         洋服というものは、みんな必ず毎日着ている物ですが、ほとんどの […]

  • UGCはどう増やす?

    2020-07-31  ECディレクターの為の教科書

    普段皆様がブランドを認知するきっかけは、どのようなものがあるでしょうか?筆者も過去、様々な人にこの質問を投げかけてきましたが、大抵は下記項目が挙がります。   ◯店舗・商業施設 ◯家族・友人 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング