ファッション全般  2019-02-24

ZOZOは意外と後発のサービスが多い

優れた経営者がよく言う言葉の中に「競争しない」というものがあります。

 

誰もがまだ気づかぬブルーオーシャンを見つけたり、時には市場の流行とは逆張りの戦略を立てたりと、そうする事で新しい市場を独占したり、先行者利益を得たりと、確かに聞いてるとメリットが大きいです。

 

ファッション業界でも「競争しない」と提唱している方がおられますが、その代表格と思われるのがZOZOの前澤社長ではないでしょうか。

 

上記ツイートでも誰もがやっていない事をやる事で競争せず楽しく仕事すると仰られてます。が、ここにめっちゃ違和感が

 
いや、競争しない戦略は素晴らしいと思いますし、結果も出されてるのでその点は全然いいんですが、「誰もやってないことをやる」というのはちょっと事実と違うんではないかと。。
 
 

○ZOZOTOWNもWEARも後発サービス?

これはEC業界では結構知られてる事だとは思いますが、ZOZOTOWNを2004年にスタートした当時、ファッションECモールは既に複数運営されていました。有名どころでいうと、
 
・スタイライフ(ニチメンメディア株式会社が2000年にスタート)
・マガシーク(伊藤忠の社内事業として2000年にスタート)
・セレクトスクエア(丸紅の新規事業として2001年にスタート)
 
あたりの商社系ECモールがそれに当たります。今ではスタイライフは楽天が、マガシークはNTTドコモが、セレクトスクエアは高島屋が買収し、後発のZOZOTOWNはその他のモールの10倍以上の規模に成長しているので勢力図は一変していますが。しかし、「誰もやっていないことをやる」という点においてはここは少し違うんではないかと。(ZOZOの前身であるイープローズですらこれらのファッションECモールの数ヶ月後発ですし…。)
 
で、前澤さんのツイートにも出ていたサービスで言うと、「WEAR」もそうなんですが、コーディネートサイトで言うと、
 

・FUKULOG
FUKULOGがサービス終了 既存データはWEARへ
 
というサービスがかなり早い段階(2009年)から先行しています。で、その後WEARがスタート(2012年)し、その勢いに負けたのかFUKULOGのデータはWEARに吸収される事に。ここでも先行者がいますので「誰もやっていない」サービスではありませんね。クローズの理由が「マネタイズできなかった」とありますが、WEARも現在、同様の事情は抱えてそうですね。
 
 

○それ以外にも…

・ZOZOUSED → クラウンジュエルをサイバーエージェントから買収
・ZOZOフリマ(既に撤退) → フリル・メルカリが先行
 
と、実は結構どれも後発なんです。ZOZOSUITも話題にはなっていますがバーチャルフィッティングの参入で言うとかなり遅い方です。着用したら採寸できるっていう技術も過去からあったものなので特に革新的ではないんです。使い方は新しいかとは思いますが。
 

オンラインショッピングの失敗がなくなる!?家に居ながら試着、話題のバーチャルフィッティングサービス5選
2016年初期の記事ですが、

レギンスを履くだけで自分ぴったりのデニムを提案してくれる「LIKE A GLOVE」

 
という採寸方法が既に確立されています。日本では結局、バーチャサイズのようなソリューションが一人勝ちのようですが。

Virtusize
 
過去の事例を確認してみると、「競争しない」というよりは「競争して勝てそう」なサービスに着手しているように感じます。ブルーオーシャンは大体のケースにおいて「需要が無い」ですし、既存サービスを追随して勝ってるのですから素晴らしいんですが、何故「競争しない」なんていう事実とは違う事をわざわざ言っているのか理解に苦しみます。世界平和を唱える前澤社長からしたら「競争」という言葉をあまり使いたくないんでしょうか。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ZOZOが買収されたので、今までとこれからの事を総括してみた!

    2019-09-27  フルフィルメント

    ZOZO買収 ヤフー、反攻へ重圧「1位しか許されない」 ソフトバンク傘下のヤフーが、衣料品通販サイト運営のZOZOの買収を決めた。国内のネット通販企業の買収では過去最大となる。10月に社名を「Zホール […]

  • LVMHプライズが24 Sèvresの1コンテンツに

    2019-09-06  ブランド・ビジネス

    LVMHプライズ2019のファイナリスト8組が手掛けるアイテムが「24S」で発売 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン グループが運営するECサイト「24 Sèvres(以下、24S)」で、「LV […]

  • 2ヶ月で10万PVを達成したメンズWebメディアの運営手法

    2019-09-06  ファッション全般

    ソーシャルメディアが勃興して10数年が経ち、今やWebから情報収集するのが当たり前になった時代。ブランドも以前は広告の出稿先がほぼファッション雑誌に限定されていましたが、昨今ではそれだけだとリーチでき […]

RECENT ENTRIES

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!⑦

    2019-12-12  ブランド・ビジネス

    ・前回の振り返り 前回の記事では、MDが持ち合わせる権限。   ① (売れる商品を売れる分だけ)仕入すること。 ② 買いやすい価格に変更(セールする)し、売上点数を伸ばすこと。   […]

  • ラグジュアリーブランドが生まれにくい社会とは

    2019-12-09  ブランド・ビジネス

    日本国内には様々な洋服ブランドがあります。低価格ゾーンから高価格帯までありますが、欧州に見られるようなラグジュアリーと呼ばれる超高級ブランドはありません。 コム・デ・ギャルソンやヨウジヤマモト、イッセ […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用しよう!⑥

    2019-12-05  ブランド・ビジネス

    ・7月仕入予算金額通りに仕入をすると、在庫がヤバイ状況に? 前回の記事では、7月の仕入金額を予算通り発注したら、7月以降の在庫金額はどうなるのか?ということまでお伝えしました。 売上・粗利・仕入・在庫 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング