フルフィルメント  2019-03-01

ZOZOの新商品が話題にもならなくなってきた?

先週はZOZOの大きなニュースが二本ほど流れていたのですが、すっかり話題にもならなくなっているご様子。良くも悪くも、前澤さんのTwitterが休止された事が影響しているのでしょうか。
 

「ZOZO」カジュアルパンツ第2弾、メンズとウィメンズのチノパンツが登場
 
今度はあなたサイズのチノパンが登場。サイズの件すらもう誰も突っ込まなくなっていますが、果たしてどの程度売れるのでしょうか…。今の評判だとリピート率は極めて低いと思われますから、来期の決算ではPBの売上は更に落ち込みそう。もう用意してしまってた新商品を今更止める訳にもいかずのチノパン新発売って印象が強くて、もう期待値も低いですね。価格も4900円と、2990円で購入できるユニクロとは対抗する気もないんでしょうかね。
 

ZOZOのPBが届いたので率直な意見を述べてみます


(以前発表されたPBに関してはこちら参考までに。)
 

あと、この一文が修正される気配無いんですが大丈夫でしょうか。作り置きなのにパターンオーダーというのがよくわかりませんが。
 

ZOZOがドン・キホーテとコラボ “驚安”の文字を大胆にプリント
 

同コラボはドン・キホーテの1号店開業から30周年であることを記念したもので、元「デビロック(DEVILOCK)」プロデューサーでデザイナーの遠藤憲昭がディレクションに加わった。Tシャツ(2980円)や長袖Tシャツ(3980円)、スエット(4980円)、フーディー(5500円)など8型を展開する。
 

もう一つのニュースはZOZOがドンキホーテと期間限定でコラボするというもの。最近、楽天に出店しているような格安ショップばかりがZOZOに出店してきていますが、益々ファッション感度が下がってきているのでは…。理論上、出店数・SKU数どんどん増やしていけば自ずと流通総額が上がっていき、ZOZOの売上も利益も押し上げられますが、それでいいのか…。オシャレなイメージがあったからこそ、その他のECモールと一線を画していたはずで、こうなってくるとAmazonでよくなってきますぞ。。ZOZOTOWNがそのうちブランドから「イメージを毀損するんで」と言われて出店を断られていく、いつかの楽天みたくなってしまいそうで怖いです。
 
今週に入ってからはまたまた新商品が登場しているのですが、
 

「ZOZO」から2種類のパーカが新登場、フードのシルエットを美しく保つ設計に
 
今度は「あなたサイズのパーカ」の登場。SKU増やして単価上げないと売上伸びないですから、もう安売りをやめたのかユニクロUよりも高い設定。新規獲得諦めて、既存客の客単価上げにかかってるんですかね。それはそれで正しい方向性ですが。
 

スウェットプルパーカ(長袖)
 


(もう出店側も口が裂けてもこんな事言えませんな…。)
TwitterでZOZO絡みのニュース検索していましても、呟かれているキーワードは、
 
「ZOZO 株価」
「ZOZO 撤退」

 
などなどネガティブなものばかり。
 

 
チノパン60件に対して、
 

 
株価はこんなに。。商品単体のシェアを見ても、



fashionsnapさんの投稿を基準にしても、スーツとそれ以外のアイテムではリツイートもライクもかなり差がついているのがわかります。
 
撤退の話題喚起に関しては、先日ライトオン撤退の際にちょっと流れていた「ベイクルーズ販売停止」の報道がここに来て広まっている印象があります。to B事業とPBがこけてしまっていますが、決断の早いZOZOですから来期、PB撤退という事態もありえるかと思います。ていうか、撤退しないと余計傷広がるような…。
 

ZOZOの決算書確認してみたらPB以外の業績が意外と成長していた件

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう③

    2020-01-23  ブランド・ビジネス

    では、今回からいよいよ本題の、商品の売れ筋等を見極める際に使用されるような帳票をベースに、 商品分析についての話をしていきます。   ・前回の振り返り その前に前回の振り返りを致しますと。。 […]

  • タキシードを着るのは非日常か?メンズブライダルが日本市場に根付かない理由

    2020-01-21  ブランド・ビジネス

    既婚者であるなら、タキシードに袖を通した経験は多くの方があるでしょう。   しかし”タキシードを今も継続的に着用している”という方は日本にはほとんどいないのではないでしょうか。そんなタキシー […]

  • 商品分析について考えてみよう②

    2020-01-16  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回から、週や月等の会議やMTで行われていると思われる、商品分析について取り上げて います。 商品分析について考えてみよう① そもそもの、会議やMTの本来の目的は、 ”(結果が […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング