ブランド・ビジネス  2019-03-09

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)に死角が見当たらない


LVMHのアルノー会長が世界長者番付で3位に浮上

ブルームバーグ(BLOOMBERG)が毎日更新している世界長者番付で、ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)会長兼最高経営責任者(CEO)が、3月6日に資産総額828億ドル(約9兆2000億円)で3位となった。2012年に同番付が開始されて以来、同氏がトップ3に入るのはこれが初めてだ。

 
LVMHの会長であるベルナール・アルノー氏が世界長者番付けで3位に。資産のランキングについてはどうでもいいのですが、これってつまりLVMHの株価が高騰したという事です。(アルノー氏の保有株はLVMHの5%、ディオールの97%との事)で、そのLVMHはどんな状況かと言いますと、
 
LVMHグループ、2018年12月期 連結決算 ファッション分野が好調、過去最高の売上収益を達成

LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループの2018年12月期(2018年度)連結決算は、主力の「Fashion and Leather Goods」(ファッション・皮革製品)が好調に推移したこともあり、2ケタの増収・増益を達成した。売上収益が過去最高を記録した。「日本」ディビジョンも2ケタの増収で、引き続き好調だった。


 
過去最高の業績で、売上が468億2,600万ユーロ(約5兆8,532億5,000万円)、営業利益は98億7,700万ユーロ(約1兆2,346億2,500万円)という結果に。
 
【2018年内訳】

【2015年内訳】

2015年の決算時と比較するとFashion & Leather Goodsの成長が目覚ましいです。伸びている地域はやはりアジア。中国を中心にラグジュアリーのマーケットが伸びているのが一番の原因かと思われます。これなら株価も高騰するでしょうね。そして、次なる一手も精力的に動いている模様。
 
 

○自社ブランドの強化

その次なる一手は自社ブランドの強化…かもしれない(笑)ていうか、そんな施策が先日も発表されていますね。
 

 
リアーナがLVMHグループからラグジュアリーブランド立ち上げか
まずはこちら。最強のインフルエンサーブランド…、といっても過言では無い選択。ファッションアイコンでもあり、既にいくつかのブランドともコラボしているリアーナのブランドであれば、まず初速は間違いなくヒットするでしょう。(その後は知らんけど。。)最終的に利益率高めるならバッグや革小物・香水などの展開も必要になるでしょう。
 

 
リシュモンが新時計ブランド設立 EC限定の数万円で買えるサステイナブル
グループは違えど、リシュモンが得意分野でもあるウォッチブランドを設立しています。ラグジュアリーコングロマリットは自社ブランド強化の方向性なのでしょうか。ラグジュアリーって歴史ある方がストーリー作りやすいですが、ウブロのようにそこそこ短期間で成長している事例もあるので、今後の動向が楽しみではありますね。
 
 

 
LVMH ニコラ・ジェスキエール氏のブランド創設に出資
まだ確定ではないですが、ルイヴィトンのレディースのクリエイティブディレクターであるニコラ・ゲスキエールのシグネチャーラインの噂まで。。これこそ実現したら絶対売れる。。
 

 
「リモワ×アンブッシュ」のラゲージハンドルとタグが登場、銀座の旗艦店で限定発売
リモワはシュプリーム、オフホワイトの次はアンブッシュ。ストリートとの融合も完璧。もはや死角が見当たりませんね…。アルノー氏の資産、もっと増えそうですな。。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • しまむらの不振は自社EC運用で解消されるのか?

    2020-04-03  フルフィルメント

    しまむらが不採算続く約100店舗を整理へ、自社ECは予定通り下半期に開始 自社ECの運用を下半期に開始する予定で、開設までの間は同社の店頭取り寄せアプリ「しまコレ」の利用を促すことで店頭売上の低下を防 […]

  • ブランドの根幹はMD設計以外に無い

    2020-03-23  ブランド・ビジネス

    「御社の課題はMDです。」   法人を立ち上げてからこの台詞を何回言った事だろう。弊社はECのディレクションをメインとした事業を運営しているのだが、トレンドである「EC」というチャネルだけを […]

  • おじさんが気づかないInstagramのハイライトを使ったwebメディア化

    2020-02-29  ブランド・ビジネス

    ファッションブランドで「オウンドメディア 」を運用するブランドが増えてきたせいか、弊社にも様々なご相談が寄せられています。何をもってオウンドメディアと呼ぶかにもよりますし、既にブランド公式サイトで日々 […]

RECENT ENTRIES

  • 仕入予算は適当に考えたらダメ③

    2020-05-27  ブランド・ビジネス

    ・Aさんのバッグ屋の目標数字を再確認 前回の記事では、セレクトショップのバイヤー経験者Aさんをモデルに仕入予算を考えよう!という話になりました。 仕入予算は適当に考えたらダメ② Aさんの立ち上げるショ […]

  • 仕入予算は適当に考えたらダメ②

    2020-05-20  ブランド・ビジネス

    ・仕入の基本は。。。 前回の記事から、仕入予算に関するお話をしています。 仕入予算は適当に考えたらダメ① ここで、単刀直入に仕入の基本の考え方を述べますと!! ”売れる分だけ仕入する!!” このことが […]

  • デニムとダンガリーとシャンブレーの違い

    2020-05-19  ファッション全般

    先日、ある著名ファッション関係者のブログを読んでいたら、デニムシャツとしてシャンブレーシャツが紹介されていました。 前振りでシャンブレーシャツを扱って、後半には「一方、デニムシャツとは・・・」という説 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング