ファッション全般  2019-03-19

「赤」が着たくなったら思い出す、讃美を贈りたいブランドたち。

 
たとえば、人とのつながりやぬくもりを感じる愛情深い「赤」、怒りや血の気をもよおす危険な「赤」。赤は色の中でもっとも対極のイメージがあり、使い方や色味ひとつでプラスにもマイナスのイメージにもなる少々コワい色です。人を惹きつけたと思えば遠ざけるあまのじゃくな表情は、虜になる方も少なくないはず。女性が纏う真っ赤な口紅のように。
 
イメージカラーやモチーフとしてもこよなく愛される赤ですが、その赤のバリエーションや色味の違いはなかなか知らないこともあるのではないでしょうか。今回はそんなフレキシブルな赤をアイデンティティにする、5つのブランドをご紹介します。
 
 
 

毒々しい、黒に似合う「赤」/ COMME des GARÇONS

 

 

View this post on Instagram

 

@saskiadebrauw by @erikmadiganheck for @nytmag with @juliendys

Comme des Garconsさん(@commedesgarcons)がシェアした投稿 –


 
コムデギャルソンの赤は、毒々しい血液のような赤です。バラの花びらというよりはバラの棘によって滲み出る血、臓器、肉片などが連想され、グロテスクでありながら、憤りも感じさせるバイオレンスな印象。「黒の衝撃」に呼称されるコムデギャルソンは、赤に黒を混ぜたような影のある息遣いです。デザイナーの川久保玲は「赤は黒である」と話しており、過去に赤をベースにしたコレクションも発表しています。
 
 

女性の柔らかさや愛情が化身となった、生きた「赤」/ Simone Rocha

 

 

View this post on Instagram

 

@walldamort shot by @lesliezhang1992 styled by @robbiespencer in Hong Kong for @amagazinecuratedby issue 18 by Simone Rocha available now #simonerocha

SIMONE ROCHAさん(@simonerocha_)がシェアした投稿 –


「女性であること」を思うような、フェミニンを赤で表現するシモーネ・ロシャ。デザイナーのシモーネ・ロシャ自身が母親ということもあり、ただの現実離れしたコレクションピースではなく、普段の生活に寄り添う服を前提としていて、リアリティを感じさせる子どもや少女、母、妊婦、おばあちゃんらがモデル。その女性に対する包容力は、時に儚く、時に強く、時に華やかに、愛情が化身となって赤く染まっているよう。
 
 

女性の一歩を変える、レッド・ソールの艶やかな「赤」/ Christian Louboutin

 


 
クリスチャンルブタンの代名詞である、真っ赤に塗られた“レッドソール”。品格、エレガントを象徴するかのごとく曇りのない艶やかな真紅は、歩く後ろ姿、着席した足元を華麗に彩り、自信をもたらしてくれる、まるで魔法です。女性が憧れの靴として名を挙げるのは、履いている女性がきっと強く美しく見えるから。レッド・ソールの起源となった赤のマニキュアや口紅と同じく、女性が女性らしさを引き出したいときに手を伸ばす赤だといえます。
 
 

一度見たら忘れない、情熱的で鮮烈な「赤」 / VALENTINO

 

 

View this post on Instagram

 

@tiajonsson1 captured while walking on the streets of New York in her Valentino Garavani #VLTN sneakers.⁣ ⁣ Film by @agostinagalvez and produced by @roscoproduction

Valentinoさん(@maisonvalentino)がシェアした投稿 –


 
鮮烈な赤のドレスが「ヴァレンティノ・レッド」と愛称を込めて呼ばれ、美術館にも展示されるほど人々を魅了するヴァレンティノの赤。女性らしいというよりも情熱的で優雅な赤は、芸術的な評価も受けるほどインパクトが絶大。ヴァレンティノの赤には引き出しが多く、ローズのような赤もあれば、コク深い赤もありますが、どれも赤の語源である明るいイメージ。その躍動感は着ている人の笑顔が映える主張の赤に。
 
 

街の信号に近い、ストリートな「赤」/ Supreme

 

 

View this post on Instagram

 

“BLESSED” a full-length video by William Strobeck for Supreme. Available now on iTunes – link in bio – and DVD.

Supremeさん(@supremenewyork)がシェアした投稿 –


 
シュプリームのアイコンである“ボックスロゴ”の赤は、ストリートブランドさながらの注意をうながす街の赤がモチーフ。赤信号、三角コーン、サイレンなど、危険な香りがするのにどこか馴染みのある赤で、マイナスな価値観をクールに昇華させている印象です。これらの赤はコムデギャルソンの不穏な空気とは異なり、事故を未然に防ぐ守るための赤と取れるはず。どこからともなく漂ってくる、人間臭さや親近感をロゴに込めて……。
 
 
 
赤といえば私は、いつも戦隊ヒーローの真ん中にいる強い人が先に浮かぶのですが、そのせいか赤を着る日はいつもよりちょっと強気な自分になれる気がして勇気をもらえます。色に力を借りるというわけではありませんが、色が人に吹き込むエネルギーは心なしか大きい。そんな風に、色から服を選ぶ日があってもいいなと思い、パソコンを走らせてみた今日です。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
松本寧音
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

RECENT ENTRIES

  • 国内デザイナーズブランドはファッションショーを開催しても売れない

    2019-10-14  ブランド・ビジネス

    華やかに思われがちですが、厳しいのがアパレル業界ですが、その中でもとりわけ厳しいのがデザイナーズブランドではないかと思います。 一部の大手ブランドを除けば、その台所は火の車なのです。 先日、東京コレク […]

  • 店舗を定点観測することから得られる気付き

    2019-09-30  ブランド・ビジネス

    アパレル業界では店舗を見て回ることが勉強になると言われます。 個々人の気付きのペースというのは様々ですが、個人的には天才的閃きを持ち合わせていないため、一見で何かを感じ取れるということはほとんどありま […]

  • ファッション業界における採用事情①

    2019-09-29  店舗マネジメント

    全ての業界で言えることかもしれませんが、特にファッション業界では人材の採用は非常に重要な位置付けになっています。   今回は『ファッション×採用』という掛け合わせで掘り下げていきたいと思いま […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング