ブランド・ビジネス  2019-05-02

売価とは?原価とは?粗利益とは?値入とは?⑥

・前回の記事の問題①の答え

皆さん。前回で私が出題した問題を解けましたか?

売価とは?原価とは?粗利益とは?値入とは?⑤


では、前回の問題の答えを以下。解説していきます。
 

問題①
1個10,000円の元売価。4,000円の仕入原価で仕入れたの商品が売れず、6,000円の売価に変更したら売れた。粗利率は何%になるでしょうか??

この問題を図にして表現すると上記のようになります。
前回もお伝えしましたが、計算式でだけで、この問題が解けない人は、上記にような図を書いてみると良いと思います。
 

では、解答です。
6,000円(売った売価)-4,000円(売上原価高)=2,000円(粗利益高)
4,000円オフして6,000円で売れたのですから、当然粗利益高は減ります。
結果。粗利率は??
2,000円(粗利益)÷6,000円(売った売価)=33.3%(粗利率)
正解は?
33.3%です。
 

皆さんどうでしたか?問題は、解けましたでしたでしょうか?
マーチャンダイザーの仕事に一つに、セール売価を設定する。という仕事があります。
普段、何気にセール売価を設定している、MD・バイヤーさんが多くおられる筈です。しかし、皆さんの普段の何気ない仕事は、上記のケースのようなことが起こっている!ということを、よく意識して仕事に取り組んでください。

 

・問題②の答え

問題②
問題①の商品がセールして売れた結果。粗利率が40%になった。何%オフして売ったことになりますか??

皆さん、この問題は問題①とは違い、難しかった?のではないでしょうか?
 
前回もお伝えしたように、この問題のヒントは、粗利率が40%ということは売上原価率が何%になるの??ということです。
 

では、解答です。
これも問題①のように図にして表現する以下のようになります。

図にして表現すると、売上原価高は4,000円であることがわかります。また、粗利率は40%になっています。
ということは💡前回の記事でも触れたように、粗利率と売上原価率は足すと、必ず100%になるのですから、売上原価率は60%であるということがわかります。
 
(売上)原価高と(売上)原価率が、わかるということは?前回掲載した計算式を使えば、売価がわかるということですから?いくらで、この商品が売れたの?ということがわかります。
4,000円(売上原価高)÷60%(売上原価率)=6,667円(売価)
結果。6,667円でこの商品が売れた!ということがわかります。
 
この問題は、オフ率を計算する問題ですから、答えは?
10,000円(元売価)-6,667円(売れた売価)=3,333円(オフした額)
3,333円(オフした額)÷10,000円(元売価)=33.3%オフ
答えは、33.3%オフが正解になります。

 

・計算だけできても意味がない。商売を実感することこそ重要!

この問題を、もっと早く解こうとすれば、他にも方法はあるでしょう。
しかしながら、この問題を解くということは、皆さんが常日頃から関わっている商売や業務をイメージすることがより重要なことです。
だからこそ、”急がば回れ”の気持ちで、商売の構造を理解することが目的ですから、このような解答方式にしています。
とくに、問題②は今後、この掲載が続くと、より重要性が高まってきますので、常日頃から、皆さん自身の業務と絡め、自分で問題を出し繰り返し反復練習をしてみてください。
次回は、アパレル小売業における”ロス”という部分にスポットを当て考えていきます。
では皆様。次回をお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

  • 商品分析について考えてみよう④

    2020-01-30  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事から、日・週・月等で使用されていると思われる、ベストセラーレポートのような、商品の売れ筋を見極める帳票の件についてお話させていただいています。 商品分析について考えて […]

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 同質化する店頭

    2020-02-10  ブランド・ビジネス

    数年前ほどではないですが、今でも新しい商業施設がいくつかオープンしています。 しかし、個人的にはショッピングセンターにしろ、ファッションビルにしろ、同じようなブランドばかりが入店しているので、あまり興 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング