若者の目  2019-05-01

変えるだけで”顔”が変わる

元号も変わり本格的に暖かくなって活躍の場が増えた今日この頃。みなさま、スニーカーライフいかがお過ごしでしょうか?
 
僕はというと、何日も連続でお気に入りのスーパースター ばかり履いてます(笑)。なんかこう時期によって履くスニーカーが偏っちゃうんですよね。そうなると、短期的な飽きや慣れからしばらく履かなくなってきたり。
 
そんな時、自分にも、そしてスニーカーにも気分転換の為に靴紐のアレンジをオススメします。アレンジもそうですが、靴紐って案外知らないうちに汚れてる事が多いので洗うのも良いですし、面倒な方は交換するのも良いですね。
 
何より靴紐が変わるだけでスニーカーの”顔”は格段に引き締まります。髪型で人の印象が変わる様にスニーカーの新しい魅力を引き出してみてはいかがでしょうか。
 
 

・スポーティーに仕上げるなら”シューレースストッパー”がオススメ。

 
〈before〉

 
〈after〉

靴紐の通し方や結び方を考える方は多いけど案外ストッパーを使ってる人って少ないんですよね。
ギュッと蝶結びでしっかり見せるのも素敵ですが、少し気を抜いて楽に尚且つダラッと見えにくいこんなアイテムを使ってみるのも一つの手ではないでしょうか。
 
 

・単色のスニーカーにはネオンを効かせてストリートスタイルに。

〈before〉

 
〈after〉

 
これはもはや定番化してきていますが、飽きが出てきはじめた頃には、やはりガラッと見え方の変わる靴紐の色を変えてみるのもアリですね。それもネオンカラーを入れる事で、これから少しづつ暖かくなってシンプルになってくるファッションのアクセントになる事間違いなしです。
 

左右の色を変えて”馬鹿履きっぽく”ってのもオシャレです。
 
 

・クラシカルな雰囲気を守りながらハイカットを活かす。

〈before〉


 
〈after〉


 
定番スニーカーがつまらないとは言わせません。誰もが認める物ほど削ぎ落とされたシンプルなデザインの物が多く、履いているうちに物足りなくなってくる事は事実ですが
足首に靴紐を一周巻けば、少し力の抜けたラフな印象に。女性の場合はあえて後ろで結んでリボンっぽく結ぶのも可愛いですね。
 
いかがだったでしょうか?
スニーカーの可能性はこういったちょっとした工夫で広がり、ファッションの幅を広げてくれる。
みんなが欲しがる”プレ値”のスニーカーも良いけど、自分にしか出来ないライトなアレンジで
誰でも持ってる定番のスニーカーを自分だけの”オリジナル”に仕上げてみるのも一つの楽しみ方なのではないだろうか。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
左内竜也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ファッションとは

    2019-08-28  店舗マネジメント

    みなさんは自分にとってファッションはどんな役割を担っているのかを真剣に考えた事はありますか?   先日久し振りに会う地元の友人達と食事をした時の事、それぞれの今している仕事の話や、みんなの彼 […]

  • 雨の日の戦い方

    2019-08-21  ファッション全般

    僕は雨が嫌いだ。 特に1週間雨が続くなんて予報が出た時なんかは気分が沈んでしまいますよね。     お客様の来店が少なくなってチャンスが少なくなる。 お昼を過ぎた辺りからもう今日は […]

  • 意識を持ち続けるコツ

    2019-08-14  ファッション全般

    僕が勤める百貨店の平場、百貨店社員もメーカーの人間も暇だ暇だと後ろで手を組んでフラフラ散歩したりカウンターに肘をついて井戸端会議をしているそんな光景をほとんど毎日目にする。   僕はそんな店 […]

RECENT ENTRIES

  • 国内デザイナーズブランドはファッションショーを開催しても売れない

    2019-10-14  ブランド・ビジネス

    華やかに思われがちですが、厳しいのがアパレル業界ですが、その中でもとりわけ厳しいのがデザイナーズブランドではないかと思います。 一部の大手ブランドを除けば、その台所は火の車なのです。 先日、東京コレク […]

  • 店舗を定点観測することから得られる気付き

    2019-09-30  ブランド・ビジネス

    アパレル業界では店舗を見て回ることが勉強になると言われます。 個々人の気付きのペースというのは様々ですが、個人的には天才的閃きを持ち合わせていないため、一見で何かを感じ取れるということはほとんどありま […]

  • ファッション業界における採用事情①

    2019-09-29  店舗マネジメント

    全ての業界で言えることかもしれませんが、特にファッション業界では人材の採用は非常に重要な位置付けになっています。   今回は『ファッション×採用』という掛け合わせで掘り下げていきたいと思いま […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング