ブランド・ビジネス  2019-05-09

アパレル小売りにおける”ロス”と”粗利益”の関係

・”ロス”って何??

今回は、アパレル小売業における”ロス”の話をします。
 
”ロス”の言葉の意味は?
→失う。喪失する。損失。無駄。等の意味があります。
アパレル小売業における、”ロス”とは、どういうケースが考えられるのか?というと。
 

・販売員の方には、一番身近な?”盗難”。
・商品の管理が悪く”B品(不良品)化し、売り物として成立しない商品

 
その他にも要因がありますが、上記のようなケースでロスは発生します。
また、商品が売れ残り、どうしようもない場合、商品を廃棄する場合があるかもしれません。そのことも廃棄ロスなどと言われます。
 
小売業におけるロスは、実地棚卸の際に判明します。このことを簡単に説明すると。
 

オープン在庫が1,000点。1か月の間入荷した商品が500点。そして、その1か月の間に売れた商品が1,300点だとしたら、1か月営業終了後の商品は、絶対に200点なければなりません。
しかし、実地棚卸で在庫を数えてみたら、190点しかなかった。理論上は、絶対に在庫は
200点なければなりませんから、その商品10点が、なんらかの理由でロスした!ということになります。

 

・ロスが粗利益に与える影響とは?

上記のことを踏まえ、あるケースを基に“ロス”を考えてみましょう。
 

”バイヤーBさんが1点1000円の元売価。仕入原価400円で仕入れたバッグが、1か月で1,000点が元売価で売れ、100万円の売上になった。しかし1か月後。棚卸をしたら、バッグは100点無くなっていることが判明した。”

 
上記のケースの場合。
売上は100万円。荒利高は60万円。荒利率は60%になります。
しかし、棚卸をしたら、ある筈のバッグが100個なくなっていますから、当然ですが、その分を荒利益から引かなければならない!ということになります。
 
このことを、会計学で言うと、ロスしたバッグの原価は、売上原価に計上しなければならない!ということになります。逆に言えば、粗利益からロス原価分を引かなければならない!ということです。
 
このことを、図にすると以下のようになります。
 

40,000円(なくなったバッグのロス原価)+売上原価40万円=44万円(ロス計上後の売上原価)
100万円(売上)-44万(ロス計上後売上原価)=56万円(ロス後の粗利益)
56万円(ロス後の粗利益)÷100万円(売上)=56%(粗利率)
 

上記のケースの場合。ロス前には、60万円あった荒利益が、なんらかの理由でバッグがロスしたことで、56万円に粗利益が減った!ということになります。
 

ロス率は?
40,000円(ロス原価)÷100万円(売上)=4%(ロス率)
になります。

 

因みに上記のケースでは、ロス前は”荒”。ロス後は”粗”と漢字を使いわけていますが、マーチャンダイザー(以下MD)が使うのは、ロス後の”粗利益”になります。このことを覚えておいてください。

 
 

・粗利を何故ロス前とロス後で管理するの??

では、なぜ上記のように私はロス前・ロス後と、粗利をわけて管理しているのでしょうか?
それは、MDだけでなく組織にとってロスを削減する!ということは、大事なことだからです。
 
例えば、売上100億円の組織が、ロス率を1%削減しただけで、1億円の粗利益が増えます。たかが、1%かもしれませんが、1億円の粗利益が増えれば、コピー用紙削減等の下手な販管費削減よりも、よっぽどインパクトが大きい!ということです。
 
ロスの要因は、前述したように、盗難。B品等が要因となります。
特に、B品の要因は、商品を作る側にも問題があるのですが、ほとんどの組織が検品という検査をクリアした商品です。
ということは💡物流倉庫や店舗。店舗のバックヤード等でも、B品ロスが増える要因がある!ということになります。
 
整理整頓の行き届いていない、物流倉庫や店舗のバックヤードは、B品ロスが増える要因と言えます。だからこそ、事前に、商品をストックできる量や、実務者の作業スペース等などに配慮した内装を考えることは、事業責任者にとっては、必須のことです。
 
また、管理者の常日頃の意識も、ロス率がアップする要因ともなります。よく、「店長にロス率は付いてくる!」とも言われ、ロス率の結果は、店長評価の基準の一つともなりえるので、このことを読者の皆さんは、ぜひ覚えておいてください。
(要は、店長によってバックヤードの整理整頓に差が出るということ。)
 
では、次回は少し違う目線で、商品を値引き・割引して売るということを考えてみたいと思います。
では皆様。次回をお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

  • 商品分析について考えてみよう④

    2020-01-30  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事から、日・週・月等で使用されていると思われる、ベストセラーレポートのような、商品の売れ筋を見極める帳票の件についてお話させていただいています。 商品分析について考えて […]

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 同質化する店頭

    2020-02-10  ブランド・ビジネス

    数年前ほどではないですが、今でも新しい商業施設がいくつかオープンしています。 しかし、個人的にはショッピングセンターにしろ、ファッションビルにしろ、同じようなブランドばかりが入店しているので、あまり興 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング