ブランド・ビジネス  2019-05-16

ワゴン車販売のケースで”ロス”を考えてみる。

・ロスを違うケースで考えてみよう!

前回の記事は、アパレル小売における”ロス”の話をさせて頂きました。

アパレル小売りにおける”ロス”と”粗利益”の関係


では、今回はロスのことも踏まえ。また問題を出しますので、皆さん是非考えて見てください。
 

(問題)
元アパレル出身のBさんが、ワゴン車で、1個500円の元売価の弁当を500個販売することにした?(仕入)原価100円。ケースAとケースB。2つのケースが発生するとしたら、マーチャンダイザー的思考だと、どちらを選択することがベターでしょうか??

 
 

*ケースA
→300個は元売価で売れたが、売れ残りそうだったので残り200個40%OFFしてすべて売り切った。

 

*ケースB
→300個は元売価で売れたが、売れ残りそうだったので残り200個を30%OFFして売った。結果。25個も余ってしまったので、その分は廃棄した。

 
MD的思考では、ケースAとケースB。どちらっがベターな選択でしょうか??
 
 

・在庫が残った方が得なの??

皆さん。答えはわかりましたか?
先に答えを言ってしまうと、正解はケースBの方が、MD的思考ではベターな選択になります。
 
何故答えはケースBなのか?を以下端折って説明すると。。。
 

ケースA
・売上 210,000円
・荒利率 76.2%
・ロス率 0%
・粗利率 76.2% ・粗利高160,000円
 
ケースB
・売上 211,250円
・荒利率 77.5%
・ロス率 1.2%
・粗利率 76.3% ・粗利高161,250円


上記の問題を計算すると、上記の数字になります。
ケースAでは、弁当を全部売りきってますので、当然ロス高0円。荒利高と粗利高は、同じ160,000円になります。
ですが、ケースBでは、途中からの弁当のOFF率は、30%で荒利率も77.5%と高い数字になりますが、売れ残った弁当が25個もあるので、その弁当を廃棄すれば、2,500円のロス原価が発生。
その分を荒利高からマイナスしなければなりません。
 
しかしながら、廃棄ロス原価の2,500円を引いても、ケースBの場合は、ケースAよりも粗利高が1,250円多くなっています。ということは💡答えは、ケースBということになります。
 
 

・在庫消化ばかりに注力すると、粗利が実は少なくなる?

これをアパレル小売のケースで言えば、在庫を無くしたいがばかりに、過度のセールをしてしまう。すると、在庫は大幅に減ったけれども、本来とれた筈の粗利益を大幅に喪失する!
ということがあり得る!!ということになります。
 
この場合。当然のことですが、店頭が過度なセール状態になっているということです。
その場合。たとえ在庫は減っても、粗利益の喪失とともに、顧客からブランド・ショップへの信頼を喪失する!ということにもなりかねません。
 
また、百貨店でよく行われている委託商売の場合。委託商売の場合は、在庫をすべてメーカーに返品できるので、百貨店には在庫リスクはありません。
ただし、委託商売の場合は、商品の掛率(仕入原価率)は、当然のことながら、買取のケースよりも、高くなってしまいます。
 
仮に、掛率が高い委託商品が、ものすごい勢いで売れても、粗利高はそう多くは稼げません。
売れる商品!であった場合は、商品を買い取って、掛率を下げ、売れたが在庫は多少残った。
実は、そのケースの方が、多くの粗利益が獲得できている!ということがあります。
(百貨店は、そのことで多くの粗利益を喪失しているケースが多々ある。)
 
むやみやたらに、セールの値段を下げすぎると、上記のようなことが起こる!!
ということを、皆さんもよく覚えておいてください。
次回は、このシリーズの纏めとして、更に難易度が高い?問題を出していきます。
では皆様。次回をお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

  • 商品分析について考えてみよう④

    2020-01-30  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事から、日・週・月等で使用されていると思われる、ベストセラーレポートのような、商品の売れ筋を見極める帳票の件についてお話させていただいています。 商品分析について考えて […]

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 同質化する店頭

    2020-02-10  ブランド・ビジネス

    数年前ほどではないですが、今でも新しい商業施設がいくつかオープンしています。 しかし、個人的にはショッピングセンターにしろ、ファッションビルにしろ、同じようなブランドばかりが入店しているので、あまり興 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング