若者の目  2019-05-22

Best Kicks ”NIKE AIR FORCE1”

スニーカーの事を書き始めるといつもワクワクしている。
ファッションに興味を持ち始めた中学生の頃、教室で買ってもらったばかりの真っ白のスニーカーを自慢したあの頃から何一つとして変わらない感覚。
 
やはり自分は本当にスニーカーが好きなんだなと心から思う。みんなは最新のスニーカーや、コラボ物、レア物に目を輝かせる。
 
筆者もスニーカーが好きな為、ある程度は調べるし、実際に見に行ったりもする。確かに震える程かっこいい物もあったし、面白いモデルも多い。
 
だが、筆者は”息を呑むような息吹を感じるスニーカー”に惹かれる。誰でも履いてる不朽の名作それこそがストリートスタイルには無くてはならない存在だから。
 
今回は、ストリートの頂点に上り詰め、誰もがその名を知る名作。「NIKE AIR FORCE1」について解説して行こう。
 
1980年初頭、当時のバスケットシューズはソールが硬い物が多くバスケットボールプレイヤーはクッション性を高める為、ソックスを何枚も重ねて履いていた。
 
そんな中1982年、”AIRFORCE1”はバスケットシューズとして産声をあげた。ヒールには足への負担を軽減してくれるエアクッション、アウトソールにはあらゆる方向へのスムーズな移動に欠かせないピボットポイント、フィッティングを高める為のアンクルストラップ。
 
当時としては、最新鋭の機能を備えた画期的なバスケットシューズだった。履き心地の良かった”AIR FORCE1”はNBAを代表するモーゼス・マローンやチャールズ・バークレーなど次々とトッププレイヤーを魅了していく。
 
スター選手が愛用する事で注目度が上がったこの頃、スポーツシューズがファッションとして取り入れられ始めた。
 
無駄なデザインを削ぎ落としたミニマルなルックスの”AIR FORCE1”は脱ぎ履きのしやすいローカットモデルがリリースされ、ストリートではファッションとしても幅広く取り入れられスニーカーとしての人気に拍車がかかる。
 
2019年現在もAIR FORCE1は永遠の定番として、決して派手に目立つ事はなく、だが色褪せる事なくストリートで輝きを放っている。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
左内竜也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ファッションとは

    2019-08-28  店舗マネジメント

    みなさんは自分にとってファッションはどんな役割を担っているのかを真剣に考えた事はありますか?   先日久し振りに会う地元の友人達と食事をした時の事、それぞれの今している仕事の話や、みんなの彼 […]

  • 雨の日の戦い方

    2019-08-21  ファッション全般

    僕は雨が嫌いだ。 特に1週間雨が続くなんて予報が出た時なんかは気分が沈んでしまいますよね。     お客様の来店が少なくなってチャンスが少なくなる。 お昼を過ぎた辺りからもう今日は […]

  • 意識を持ち続けるコツ

    2019-08-14  ファッション全般

    僕が勤める百貨店の平場、百貨店社員もメーカーの人間も暇だ暇だと後ろで手を組んでフラフラ散歩したりカウンターに肘をついて井戸端会議をしているそんな光景をほとんど毎日目にする。   僕はそんな店 […]

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう③

    2020-01-23  ブランド・ビジネス

    では、今回からいよいよ本題の、商品の売れ筋等を見極める際に使用されるような帳票をベースに、 商品分析についての話をしていきます。   ・前回の振り返り その前に前回の振り返りを致しますと。。 […]

  • タキシードを着るのは非日常か?メンズブライダルが日本市場に根付かない理由

    2020-01-21  ブランド・ビジネス

    既婚者であるなら、タキシードに袖を通した経験は多くの方があるでしょう。   しかし”タキシードを今も継続的に着用している”という方は日本にはほとんどいないのではないでしょうか。そんなタキシー […]

  • 商品分析について考えてみよう②

    2020-01-16  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回から、週や月等の会議やMTで行われていると思われる、商品分析について取り上げて います。 商品分析について考えてみよう① そもそもの、会議やMTの本来の目的は、 ”(結果が […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング