ブランド・ビジネス  2019-09-05

売上・粗利・仕入・在庫管理表に触れてみよう②

・なぜ売上・粗利・仕入・在庫表を使用することがベターなのか?

前回の記事では、売上・粗利・仕入・在庫表(以下OTB表)の構造を知ってもらうために、問題を出し、その解答をしました。

売上・粗利・仕入・在庫管理表に触れてみよう①


 
今回の記事では、OTB表がうまく運用できれば、どのような効果が上がるのか?ということを話していきます。
 
以前もこの連載で記載しましたが、そもそもOTB表を使用することが、ベターとされている理由を以下申しますと。。。
 

①先を読むための管理会計の使い方
→先の売上予測や仕入実績・見込みを、表で表現することにより、過去を受けて、これからどのような施策を実践していけば、先の状況がよりよくなるのか?という、船にとっての羅針盤の役割を果たす!ということ。
 
②企業文化と指標を一気通貫で考えることのできる帳票の使い方。
→先の表現を、できるだけ自社ブランド・ショップの顧客心理・動向を具体的に表現できること。
そして、そのことが、売上だけでなく粗利・仕入・在庫と一気通貫で表現することで、より先の施策を具体的にする。ということ。

 
このことであります。
 

・売上・粗利・仕入・在庫表で管理することで得られる効果とは?

そして、このOTB表の管理・運用がうまいこといけば、私の独断と偏見でしかありませんが、以下の効果が上がります。
 

A 粗利益の向上
B 在庫回転の向上

 
この2つです。例えば、年間100億円の売上の組織で、粗利率が1%改善されれば、粗利益が1億円増えます。販管費を1億円削減することと、ある意味同等の効果が上がる可能性が高まります。
 
販管費1億円を削減するのは、意外に大変であり、方法を間違えると社員のモチベーション低下にも繋がる恐れがあります。
であるならば💡経営的には、まずはOTB表の運用等で、MDの数字面の改善する方がよっぽど手っ取り早い方法!と言えるかもしれません。
 
また、平均在庫15億円の事業部の年間回転率が3から4に向上すれば、平均在庫15億円の金額回収期間が4か月から3か月に短縮でき、事業部のキャッシュフローが劇的に改善される。等の効果も得られます。
 
しかしながら、上記であげたA・Bの2つの項目は実は矛盾していることになります。
粗利益高を多く獲得するには、粗利率を向上させることが一番手っ取り早い方法です。
ですが、粗利率に拘るがあまり、セール等の在庫削減施策を怠ると、売上点数が減り、平均在庫が高まります。そうなると、在庫回転の向上は見込めません。
ですから、OTB表を運用する際は、粗利にも目を配りながら、在庫をコントロールする!ということを実践しなければなりません。
 

・交差比率とは?

因みに、よく経営指標で使われる、交差比率というものがあります。交差比率は、以下のような数式で成り立っています。
 

粗利率×在庫回転率

 
例えば、年間の粗利率が50%で在庫回転率が3ならば。。。
50%×3=150
という表現をされます。粗利率が30%と低めの数字でも、在庫回転率は6ならば180となります。
 
この交差比率は、高ければ高いほど優秀とされますが、UNIQLOの交差比率より、しまむらが高いと推測されるように、あくまで目安でしかありません。
 
ですから、この交差比率は、自分たちにとってのベターと言える目標を掲げるべきでしょう。
次回は、今回この記事でも触れた”在庫回転率”のことを、もっと詳しく述べていきます。
では、皆さん。次回も楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!③

    2019-11-14  ブランド・ビジネス

    ・前回のおさらい 前回の記事は、私が用意したシチュエーションに対して、5月以降(5月から8月)の売上の予測をしてみよう!ということでした。 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう②   私 […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう②

    2019-11-07  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、私があるシチュエーションを用意し、皆で実際にこのシチュエーションを考えようという話でした。 私が用意したシチュエーションは下記になります。   1.  […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう①

    2019-10-31  ブランド・ビジネス

    ・実践っぽく売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう! 前回までの記事で、売上・粗利・仕入・在庫表に関すること。そして、MDにおける数字面の仕事をする際に意識すべきことを語ってきました。 (まとめ)M […]

RECENT ENTRIES

  • サンプルにも製造コストがかかっている

    2019-11-18  ブランド・ビジネス

    洋服を製造する際、いきなり完成品が出来上がるのではなく、サンプルが作られ、それを修正して完成品となることは、意外に知られていません。 消費者はもちろんのこと、販売員やセレクトショップの本部スタッフです […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!③

    2019-11-14  ブランド・ビジネス

    ・前回のおさらい 前回の記事は、私が用意したシチュエーションに対して、5月以降(5月から8月)の売上の予測をしてみよう!ということでした。 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう②   私 […]

  • 70代のスマホ使用者は確実に増えている

    2019-11-12  ブランド・ビジネス

    先日、母方の祖母の法事に出かけましたが、叔父も70歳代になり、叔父の同世代の親類もほとんど60代後半から70代半ばになっていました。 法事には飲み食いが付き物ですが、その時にみんなを観察していると、ほ […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング