アパレルMDの為の教科書  2019-09-26

売上・仕入・在庫に粗利益を加えて考えてみよう②

・前回の記事で問題を出しました

前回の記事で、問題を2問出しました。問題は以下になります。
http://www.style-picks.com/archives/4767

★ あるショップの数字は…?
1 商品の仕入原価率は50%
(値入率は50%)
2 11月の期首在庫原価500万円
売上1,000万円。粗利率50%
1か月の仕入原価700万円。
3 12月の売上1,000万円。粗利率40%
1か月の仕入原価1,000万円。

・問題1の答え

まずは、問題1の解答です。
問題1は以下の通りです。

(問題1)
今回のケースの場合は、値入率は50%ですから、11月はセールしないで売れたということになります。12月は粗利率が40%になっています。OFF率は何%になるでしょうか?

→この問題は、単純に値入率50%のある商品が、粗利率40%で売れた。OFF率は何%になったの?と問題を置き換えて考えることができます。要は、単純なOFF率算出の問題です。今回はある商品を1,000円の元売価の商品として考えます。

1,000円の元売価の商品で値入率50%ということは?値入高500円です。ということは仕入原価は500円になります。粗利率40%で売れた!ということは💡セールしないで売れれば、粗利率は値入率と同じ50%になりますから、当然セールして売れている!ということになります。
同じ商品を値下げして売ったということは売上原価は、500円になります。
また、粗利率40%ということは💡売上原価率は60%になりますから、これでいくらで売れたか?ということがわかります。

500円(売上原価高)÷60%(売上原価率)=833円(売上高)
1,000円(元売価)-833円(売上高)=167円(OFF高)
167円(OFF高)÷1,000円(元売価)=16.7%(OFF率)

正解は16.7%です。

このような問題1の考え方をMDはどのようなケースで考えるのか?というと✋
この先ある程度の粗利高は確保したい!そして、喫緊の売上・粗利・在庫を鑑みながら、最低でも粗利率40%は確保しながら、売上・在庫をコントロールすることがベターな数字であるということが導きだされた際に、闇雲にセール施策を考えるのではなく、このことをベースに商品全体のOFF率の目安としての数字を捉えることがMDには求められます。
その際に、即時にこのような計算ができるようにならなければなりません。

・問題2の答え

次は、問題2の解答です。
問題2は以下のようになります。

(問題2)
前頁の問題は、11月・12月の売上は同じです。仮に全部同じ商品で元売価1点が5,000円だった場合、11月は2,000点商品が売れたことになります。12月は何点売れたことになるでしょうか?

→この問題は、普通に考えてみると✋

5,000円(元売価)÷((100%-16.7%(OFF率))=4,165円(セール売価)
1,000万円(12月の売上)÷4,165円(セール売価)=2,400点(売上点数)

このようにしても求められますが、もっと簡単に答えを求める方法があります。
上記のOTB表を確認ください。

12月の売上原価は600万円。11月の売上原価は500万円になります。以前の記事でも記載したように、商品の原価は基本的には、変動することがありません。ある意味、全く数字が誤魔化せない数量と同等とみなすことができます。ということは💡

600万円(12月の売上原価)÷500万円(11月の売上原価)=1.2
2,000点(11月の売上点数)×1.2=2,400点(12月の売上点数)

このように導きだすこともできる!ということです。
次回は、今回の問題から見える、MDとして数字管理する際に意識すべきことを、このシリーズのまとめを記載します。
皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 定番品の仕入予算設計は”売れる分だけ仕入する!”でいいの?②

    2020-08-05  アパレルMDの為の教科書

    前回の記事では、商品管理ルールに”定番品”という定義を持ち込んだ場合。仕入予算設計の基本ルールである。”売れる分だけ仕入する!”という大前提で仕入予算を組む際には、期首在庫の金額がどれくらいあるのか? […]

  • 定番品の仕入予算設計は”売れる分だけ仕入する!”でいいの?①

    2020-07-29  アパレルMDの為の教科書

    今回は、定番品の仕入予算設計に関してのお話をさせて頂きます。 以前、この連載で仕入予算設計の基本は、”売れる分だけ仕入する!”ことが大前提というお話をさせて頂きました。 仕入予算は適当に考えたらダメ① […]

  • 残る在庫ことはどう考えたら良いの?⑤

    2020-07-22  アパレルMDの為の教科書

    前回の記事では、残しても良い消化率の設定をどうするべきか?ということを考えていきました。また、消化率以外にも残在庫ロス率という目標設定の仕方があるということもお伝えしました。 残る在庫のことはどう考え […]

RECENT ENTRIES

  • 定番品の仕入予算設計は”売れる分だけ仕入する!”でいいの?②

    2020-08-05  アパレルMDの為の教科書

    前回の記事では、商品管理ルールに”定番品”という定義を持ち込んだ場合。仕入予算設計の基本ルールである。”売れる分だけ仕入する!”という大前提で仕入予算を組む際には、期首在庫の金額がどれくらいあるのか? […]

  • Tシャツもセーターも「編み物(ニット)」って知ってた?

    2020-08-03  繊維の基礎知識

    お久しぶりです。   ちょっと期間が開いてしまいまして申し訳ありません。         洋服というものは、みんな必ず毎日着ている物ですが、ほとんどの […]

  • UGCはどう増やす?

    2020-07-31  ECディレクターの為の教科書

    普段皆様がブランドを認知するきっかけは、どのようなものがあるでしょうか?筆者も過去、様々な人にこの質問を投げかけてきましたが、大抵は下記項目が挙がります。   ◯店舗・商業施設 ◯家族・友人 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング