ブランド・ビジネス  2019-09-26

売上・仕入・在庫に粗利益を加えて考えてみよう②

・前回の記事で問題を出しました

前回の記事で、問題を2問出しました。問題は以下になります。
http://www.style-picks.com/archives/4767

 
★ あるショップの数字は…?
1 商品の仕入原価率は50%
(値入率は50%)
2 11月の期首在庫原価500万円
売上1,000万円。粗利率50%
1か月の仕入原価700万円。
3 12月の売上1,000万円。粗利率40%
1か月の仕入原価1,000万円。


 

・問題1の答え

まずは、問題1の解答です。
問題1は以下の通りです。
 

(問題1)
今回のケースの場合は、値入率は50%ですから、11月はセールしないで売れたということになります。12月は粗利率が40%になっています。OFF率は何%になるでしょうか?

 
→この問題は、単純に値入率50%のある商品が、粗利率40%で売れた。OFF率は何%になったの?と問題を置き換えて考えることができます。要は、単純なOFF率算出の問題です。今回はある商品を1,000円の元売価の商品として考えます。
 
1,000円の元売価の商品で値入率50%ということは?値入高500円です。ということは仕入原価は500円になります。粗利率40%で売れた!ということは💡セールしないで売れれば、粗利率は値入率と同じ50%になりますから、当然セールして売れている!ということになります。
同じ商品を値下げして売ったということは売上原価は、500円になります。
また、粗利率40%ということは💡売上原価率は60%になりますから、これでいくらで売れたか?ということがわかります。
 
500円(売上原価高)÷60%(売上原価率)=833円(売上高)
1,000円(元売価)-833円(売上高)=167円(OFF高)
167円(OFF高)÷1,000円(元売価)=16.7%(OFF率)
 
正解は16.7%です。
 
このような問題1の考え方をMDはどのようなケースで考えるのか?というと✋
この先ある程度の粗利高は確保したい!そして、喫緊の売上・粗利・在庫を鑑みながら、最低でも粗利率40%は確保しながら、売上・在庫をコントロールすることがベターな数字であるということが導きだされた際に、闇雲にセール施策を考えるのではなく、このことをベースに商品全体のOFF率の目安としての数字を捉えることがMDには求められます。
その際に、即時にこのような計算ができるようにならなければなりません。
 
 

・問題2の答え

次は、問題2の解答です。
問題2は以下のようになります。
 

(問題2)
前頁の問題は、11月・12月の売上は同じです。仮に全部同じ商品で元売価1点が5,000円だった場合、11月は2,000点商品が売れたことになります。12月は何点売れたことになるでしょうか?

 
→この問題は、普通に考えてみると✋
 
5,000円(元売価)÷((100%-16.7%(OFF率))=4,165円(セール売価)
1,000万円(12月の売上)÷4,165円(セール売価)=2,400点(売上点数)
 
このようにしても求められますが、もっと簡単に答えを求める方法があります。
上記のOTB表を確認ください。
 
12月の売上原価は600万円。11月の売上原価は500万円になります。以前の記事でも記載したように、商品の原価は基本的には、変動することがありません。ある意味、全く数字が誤魔化せない数量と同等とみなすことができます。ということは💡
 
600万円(12月の売上原価)÷500万円(11月の売上原価)=1.2
2,000点(11月の売上点数)×1.2=2,400点(12月の売上点数)
 
このように導きだすこともできる!ということです。
次回は、今回の問題から見える、MDとして数字管理する際に意識すべきことを、このシリーズのまとめを記載します。
皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 売上・仕入・在庫に粗利益を加えて考えてみよう②

    2019-09-26  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事で問題を出しました 前回の記事で、問題を2問出しました。問題は以下になります。 http://www.style-picks.com/archives/4767   ★ あるショ […]

  • 売上・仕入・在庫に粗利益を加えて考えてみよう①

    2019-09-19  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の復習 前回の記事では、在庫回転に関する内容を記載しました。 在庫回転率を上げるには?   ① 売上点数を上げる ② 平均在庫数を少なくする   この2点を意識すると良 […]

  • 在庫回転って何??

    2019-09-12  ブランド・ビジネス

    ・在庫回転率とは? 前回の記事では、管理会計帳票の重要性について語りました。 その中で、在庫回転率のことに触れましたが、このことは実は理解できているようで理解できていない方も多くいらっしゃると思います […]

RECENT ENTRIES

  • 企画が会議で通らないのは「根回し」が足りないから

    2019-10-21  その他

    開催前の予想に反して、ラグビーワールドカップは大いに盛り上がった。 残念ながら日本代表はベスト8で敗退してしまった。   ワールドカップ開催前には、ワールドカップの放送権がないTBSが池井戸 […]

  • ファッション業界における採用事情②

    2019-10-19  店舗マネジメント

    こんにちは! 前回からのテーマファッション業界における『採用』についての考察です。   なぜ『販売員』が枯渇しているのか。   枯渇とは単に販売員を志望する人口が減っていることも挙 […]

  • 国内デザイナーズブランドはファッションショーを開催しても売れない

    2019-10-14  ブランド・ビジネス

    華やかに思われがちですが、厳しいのがアパレル業界ですが、その中でもとりわけ厳しいのがデザイナーズブランドではないかと思います。 一部の大手ブランドを除けば、その台所は火の車なのです。 先日、東京コレク […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング