ブランド・ビジネス  2019-09-26

売上・仕入・在庫に粗利益を加えて考えてみよう②

・前回の記事で問題を出しました

前回の記事で、問題を2問出しました。問題は以下になります。
http://www.style-picks.com/archives/4767

 
★ あるショップの数字は…?
1 商品の仕入原価率は50%
(値入率は50%)
2 11月の期首在庫原価500万円
売上1,000万円。粗利率50%
1か月の仕入原価700万円。
3 12月の売上1,000万円。粗利率40%
1か月の仕入原価1,000万円。


 

・問題1の答え

まずは、問題1の解答です。
問題1は以下の通りです。
 

(問題1)
今回のケースの場合は、値入率は50%ですから、11月はセールしないで売れたということになります。12月は粗利率が40%になっています。OFF率は何%になるでしょうか?

 
→この問題は、単純に値入率50%のある商品が、粗利率40%で売れた。OFF率は何%になったの?と問題を置き換えて考えることができます。要は、単純なOFF率算出の問題です。今回はある商品を1,000円の元売価の商品として考えます。
 
1,000円の元売価の商品で値入率50%ということは?値入高500円です。ということは仕入原価は500円になります。粗利率40%で売れた!ということは💡セールしないで売れれば、粗利率は値入率と同じ50%になりますから、当然セールして売れている!ということになります。
同じ商品を値下げして売ったということは売上原価は、500円になります。
また、粗利率40%ということは💡売上原価率は60%になりますから、これでいくらで売れたか?ということがわかります。
 
500円(売上原価高)÷60%(売上原価率)=833円(売上高)
1,000円(元売価)-833円(売上高)=167円(OFF高)
167円(OFF高)÷1,000円(元売価)=16.7%(OFF率)
 
正解は16.7%です。
 
このような問題1の考え方をMDはどのようなケースで考えるのか?というと✋
この先ある程度の粗利高は確保したい!そして、喫緊の売上・粗利・在庫を鑑みながら、最低でも粗利率40%は確保しながら、売上・在庫をコントロールすることがベターな数字であるということが導きだされた際に、闇雲にセール施策を考えるのではなく、このことをベースに商品全体のOFF率の目安としての数字を捉えることがMDには求められます。
その際に、即時にこのような計算ができるようにならなければなりません。
 
 

・問題2の答え

次は、問題2の解答です。
問題2は以下のようになります。
 

(問題2)
前頁の問題は、11月・12月の売上は同じです。仮に全部同じ商品で元売価1点が5,000円だった場合、11月は2,000点商品が売れたことになります。12月は何点売れたことになるでしょうか?

 
→この問題は、普通に考えてみると✋
 
5,000円(元売価)÷((100%-16.7%(OFF率))=4,165円(セール売価)
1,000万円(12月の売上)÷4,165円(セール売価)=2,400点(売上点数)
 
このようにしても求められますが、もっと簡単に答えを求める方法があります。
上記のOTB表を確認ください。
 
12月の売上原価は600万円。11月の売上原価は500万円になります。以前の記事でも記載したように、商品の原価は基本的には、変動することがありません。ある意味、全く数字が誤魔化せない数量と同等とみなすことができます。ということは💡
 
600万円(12月の売上原価)÷500万円(11月の売上原価)=1.2
2,000点(11月の売上点数)×1.2=2,400点(12月の売上点数)
 
このように導きだすこともできる!ということです。
次回は、今回の問題から見える、MDとして数字管理する際に意識すべきことを、このシリーズのまとめを記載します。
皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!⑦

    2019-12-12  ブランド・ビジネス

    ・前回の振り返り 前回の記事では、MDが持ち合わせる権限。   ① (売れる商品を売れる分だけ)仕入すること。 ② 買いやすい価格に変更(セールする)し、売上点数を伸ばすこと。   […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用しよう!⑥

    2019-12-05  ブランド・ビジネス

    ・7月仕入予算金額通りに仕入をすると、在庫がヤバイ状況に? 前回の記事では、7月の仕入金額を予算通り発注したら、7月以降の在庫金額はどうなるのか?ということまでお伝えしました。 売上・粗利・仕入・在庫 […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!⑤

    2019-11-28  ブランド・ビジネス

    ・前回の振り返り 前回の記事は、5月から8月までの売上予測を現実に即して、予算比90%程度で予測。粗利率の5月以降の数字は、とりあえず予算通りに入れてみよう!ということでした。 売上・粗利・仕入・在庫 […]

RECENT ENTRIES

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!⑦

    2019-12-12  ブランド・ビジネス

    ・前回の振り返り 前回の記事では、MDが持ち合わせる権限。   ① (売れる商品を売れる分だけ)仕入すること。 ② 買いやすい価格に変更(セールする)し、売上点数を伸ばすこと。   […]

  • ラグジュアリーブランドが生まれにくい社会とは

    2019-12-09  ブランド・ビジネス

    日本国内には様々な洋服ブランドがあります。低価格ゾーンから高価格帯までありますが、欧州に見られるようなラグジュアリーと呼ばれる超高級ブランドはありません。 コム・デ・ギャルソンやヨウジヤマモト、イッセ […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用しよう!⑥

    2019-12-05  ブランド・ビジネス

    ・7月仕入予算金額通りに仕入をすると、在庫がヤバイ状況に? 前回の記事では、7月の仕入金額を予算通り発注したら、7月以降の在庫金額はどうなるのか?ということまでお伝えしました。 売上・粗利・仕入・在庫 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング