ファッション全般  2019-06-19

Best Kicks ”NIKE AIR MAX 90”

筆者がランニングシューズに興味を持ったのはここ数年の話だ。
 
特段ファッション感度が高いわけでもないが、流行には目を向けるようにしている。わかりやすく言えば”ミーハー”ってやつだ。
 
そんな筆者ですら感じ取る事が出来る程ここ数年、NIKE AIRMAXシリーズの再熱は止まる所を知らない。名作の復刻ともなれば、平日の朝から長蛇の列が出来る。
 
筆者は1994年生まれで販売開始当時はまだ生まれてすらいない。当然、”エアマックス狩り”をリアルで体験した世代ではない。
 
そしてAIR MAXが世間に与えた衝撃が何百分の一にも薄まった世界を生きている世代である。そう、もはや定番と化したエアマックス、同世代の方には分かっていただけるはずだ。当時を知る方には「ズレてんな」と思う方もいるとは思うが、現代を生きる若者としての”AIR MAX感”を暖かい目で見守って欲しい。
 
AIR MAXシリーズの3代目としてデビューした”AIR MAX 90”は大胆なカラーコンビネーションと抜群の軽量クッショニングが特徴でスポーツシューズとしてアスリートに愛用されると同時にコレクターの間でも爆発的ヒット。
 
現在も人気でインフラレッドやオールホワイトのモデルを、街中でよく見かける。エアマックスを代表するモデルの一つである事は間違いない。エアマックス90の魅力はなんといっても強調されたビジブルエアではないだろうか?
 
前作に比大きいビジブルエアが採用されTPUパーツで覆う事で更にデザインとしてハイテク感が演出されている。他にも、アッパーが様々なパーツで構成され、ハイテク感がバシバシ伝わってくる。
 
一見足し算だらけでゴチャゴチャと派手になってしまいそうなものだが、細身のバランスの取れたシルエットで現代にも通用する都会的な印象与え、少し厚みのあるミッドソールがそのスマートさにアクセントを付けている。良いスニーカーは存在するだけで美しい。
 
だけど履いてなんぼ、くたびれた表情からもスニーカーの良さは伝わってくるものです。来月は給料握りしめてエアマックス90 を買ってきます。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
左内竜也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • ファッションとは

    2019-08-28  店舗マネジメント

    みなさんは自分にとってファッションはどんな役割を担っているのかを真剣に考えた事はありますか?   先日久し振りに会う地元の友人達と食事をした時の事、それぞれの今している仕事の話や、みんなの彼 […]

  • 雨の日の戦い方

    2019-08-21  ファッション全般

    僕は雨が嫌いだ。 特に1週間雨が続くなんて予報が出た時なんかは気分が沈んでしまいますよね。     お客様の来店が少なくなってチャンスが少なくなる。 お昼を過ぎた辺りからもう今日は […]

  • 意識を持ち続けるコツ

    2019-08-14  ファッション全般

    僕が勤める百貨店の平場、百貨店社員もメーカーの人間も暇だ暇だと後ろで手を組んでフラフラ散歩したりカウンターに肘をついて井戸端会議をしているそんな光景をほとんど毎日目にする。   僕はそんな店 […]

RECENT ENTRIES

  • 仕入予算は適当に考えたらダメ④

    2020-06-03  ブランド・ビジネス

    ・売れる分だけ仕入れでも、多くの仕入ができる? 前回の記事で仕入原価予算の設定をしました。売上原価予算=仕入原価予算にすることこそ、”売れた分だけ仕入れる!”という形なりますので、結果。 Aさんの数字 […]

  • 仕入予算は適当に考えたらダメ③

    2020-05-27  ブランド・ビジネス

    ・Aさんのバッグ屋の目標数字を再確認 前回の記事では、セレクトショップのバイヤー経験者Aさんをモデルに仕入予算を考えよう!という話になりました。 仕入予算は適当に考えたらダメ② Aさんの立ち上げるショ […]

  • 仕入予算は適当に考えたらダメ②

    2020-05-20  ブランド・ビジネス

    ・仕入の基本は。。。 前回の記事から、仕入予算に関するお話をしています。 仕入予算は適当に考えたらダメ① ここで、単刀直入に仕入の基本の考え方を述べますと!! ”売れる分だけ仕入する!!” このことが […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング