ブランド・ビジネス  2019-09-19

売上・仕入・在庫に粗利益を加えて考えてみよう①

・前回の記事の復習

前回の記事では、在庫回転に関する内容を記載しました。
在庫回転率を上げるには?
 

① 売上点数を上げる
② 平均在庫数を少なくする

 
この2点を意識すると良い!ということでした。
http://www.style-picks.com/archives/4762?fbclid=IwAR1aKZeWg2XcFt7nZfRas0sczyTyGZHySrVXrst7SLeZfzY3FHL01m9USjo

・OTB表に馴染んでみよう!

今回は、いよいよOTB表(売上・粗利益・仕入・在庫表)についてなじんでもらう!
というシリーズが始まります。
因みに過去の記事でOTB表の構造は、以下のようになっているとお伝えしました。
 

A 売価・原価・粗利益・値入のこと
B 売上・仕入・在庫を連動して考えよう!

 
この2つがくっついたものになります。
 

・皆さんも一緒にかんがえてみよう!

では、ここで皆さんも一緒に考えてみましょう!!
 

★ あるショップの数字は…?
1 商品の仕入原価率は50%
(値入率は50%)
2 11月の期首在庫原価500万円。売上1,000万円。粗利率50%。
 1か月の仕入原価700万円。
3 12月の売上1,000万円。粗利率40%。1か月の仕入原価1000万円。

 
になります。ちなみにこのことをOTB表で表現すると、下記のようになります。

このことを踏まえ、以下問題を出します。
 
 

・問題を解いてみよう!

(問題1)
今回のケースの場合は、値入率は50%ですから、11月はセールしないで売れたということになります。12月は粗利率が40%になっています。OFF率はなん%になるでしょうか?
(問題2)
前頁の問題は、11月・12月の売上は同じです。仮に全部同じ商品で、元売価1点が5,000円だった場合。11月は2,000点商品が売れたことになります。12月は何点売れたことになるでしょうか?

 
これを皆さん解いてみましょう。
因みに、問題①のヒントは💡
→単純にOFF率を算出する問題として捉える
問題②のヒントは💡
→12月の売上原価は11月の売上原価の何倍か?
 
以上がヒントです。次回、答えを発表しますので、この1週間皆さん是非、問題にチャレンジしてください。
では、皆さん。次回もお楽しみ!

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう②

    2020-01-16  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回から、週や月等の会議やMTで行われていると思われる、商品分析について取り上げて います。 商品分析について考えてみよう① そもそもの、会議やMTの本来の目的は、 ”(結果が […]

  • 商品分析について考えてみよう①

    2020-01-09  ブランド・ビジネス

    ・商品ごとの売上ランキング表を、今回は考えてみよう! アパレル・ファッション小売業に関わらず、小売業の仕事に従事している読者の方々は、週だったり月で売上ランキング的な帳票をご覧になっているはずです。 […]

  • 売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!(最終回)

    2019-12-26  ブランド・ビジネス

    ・このシリーズも最終回 前回の記事では、私が以下のようなストーリー設計をしました。   A 6月~8月のセール施策を強める。 (予算より粗利率2%ダウン。今回のケースだと約5%オフ率アップ) […]

RECENT ENTRIES

  • タキシードを着るのは非日常か?メンズブライダルが日本市場に根付かない理由

    2020-01-21  ブランド・ビジネス

    既婚者であるなら、タキシードに袖を通した経験は多くの方があるでしょう。   しかし”タキシードを今も継続的に着用している”という方は日本にはほとんどいないのではないでしょうか。そんなタキシー […]

  • 商品分析について考えてみよう②

    2020-01-16  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回から、週や月等の会議やMTで行われていると思われる、商品分析について取り上げて います。 商品分析について考えてみよう① そもそもの、会議やMTの本来の目的は、 ”(結果が […]

  • 商品分析について考えてみよう①

    2020-01-09  ブランド・ビジネス

    ・商品ごとの売上ランキング表を、今回は考えてみよう! アパレル・ファッション小売業に関わらず、小売業の仕事に従事している読者の方々は、週だったり月で売上ランキング的な帳票をご覧になっているはずです。 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング