ブランド・ビジネス  2019-11-21

売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!④

・前回の振り返り

前回の記事は実際に、今回のシミュレーションの売上予測を入れてみよう!ということでしたが、結果。売上予算比90%程度しか推移していないのですから、5月以降の売上予測も、売上予算比90%程度で推移すると考え、その数字を入れてみましょう。ということでした。

売上・粗利・仕入・在庫表を活用してみよう!③

今回、私が用意したシチュエーションは下記になります。

 

1. 現在は4月30日。3月・4月(事実上確定しているとする)は確定の数字
2. 5・6月は仕入予算通り商品は発注済み
3. これから7月の商品発注を行うところ。
  LTは2か月。商品店頭着日は7月1日。
4. 3月・4月の売上予算比は両月ともほぼ90%程度で推移

 

実際に、5月から8月までを、ほぼ売上予算比90%程度で入力すると以下の図にようになります。

・粗利率の増減の表現は、店頭での施策を意味する?

それでは、次に行うことは?

5月から8月の粗利率の数字を入れていくこととしましょう。

 

因みに、今回のシミュレーションでの粗利率の予算は、3月から8月にかけて、徐々に数字が下がっていることに、皆さんはお気づきのことでしょう。

これは、何を意味しているのか??

この連載を長く見られてきた方ならば、すぐにわかることでしょう。

要は、粗利率の予算の上下は、店頭での商品の販売計画を意味していることと同義!ということになります。

基本的には、商品がセールして売れれば、粗利率は低くなるわけですから、店頭での販売計画になります。ですから、セール計画を、予算の段階で予め、そのストーリを設計している!ということになります。

MDの予算設計は、いつかこの連載でも記載するつもりではいますが、繊研plusさんで現在、MDの予算設計に関する記事を書いておりますので、興味のある方は、そちらをご覧いただくとよいと思います。

 

”算数で極める達人MDへの道《第2講》”

https://senken.co.jp/posts/mast-chap2-01

話が脱線してまったので話を基に戻し、今回のケースですと、3月から徐々に粗利率の予算が下がり、7月・8月は3月に比べて、大幅に低い予算となっています。

ということは💡7月が本格的なセールをする予定である!ということを予め、予算設計に組み込み、8月はクリアランスで在庫消化を図る!そのような、ストーリーを加味した予算に見えます。

 

 

・6月末の在庫金額はどんな数字になった?

では、今回はその予算設計の段階で決められた、粗利率の予算を予算通りの数字で、この表の実績・見込みの欄に8月まで入力してみましょう!すると💡以下の図のようになります。

 

今回のシミュレーションでは、現在4月30日でこれから7月の仕入金額を決める段階になります。
要は、発注MT等で商品の発注を行う!という段階です。

では、皆さん。上記の図の6月末の在庫金額がどうなっているか?を見てみてください。

予算に対して、どのような数字になっていますか?

では、次回はこの6月末の在庫金額まで見ながら、7月の仕入を考えていきましょう!

今回、ここで終わりです。
次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 商品の追加発注について考えよう⑤

    2020-04-01  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事のおさらい 今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。 商品の追加発注について考えよう④ 前回出題した問題は以下の通りです。 (解答はPCの画面でご覧頂けると幸いです。m(__) […]

  • 商品の追加発注について考えよう④

    2020-03-26  ブランド・ビジネス

    ・前回主題した問題をもう一度確認 今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。 商品の追加発注について考えよう③ 前回出題した問題は以下の通りです。 (問題を解く際は、PCの画面で見て頂ける幸 […]

  • 商品の追加発注について考えよう③

    2020-03-19  ブランド・ビジネス

    ・問題を解いてみよう! では、いよいよ商品の追加発注に関する問題を今回から数回にわたって出題していきます。 (問題を解く際は、PCの画面で見て頂ける幸いですm(__)m) 問題1 商品名はレディース7 […]

RECENT ENTRIES

  • しまむらの不振は自社EC運用で解消されるのか?

    2020-04-03  フルフィルメント

    しまむらが不採算続く約100店舗を整理へ、自社ECは予定通り下半期に開始 自社ECの運用を下半期に開始する予定で、開設までの間は同社の店頭取り寄せアプリ「しまコレ」の利用を促すことで店頭売上の低下を防 […]

  • 商品の追加発注について考えよう⑤

    2020-04-01  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事のおさらい 今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。 商品の追加発注について考えよう④ 前回出題した問題は以下の通りです。 (解答はPCの画面でご覧頂けると幸いです。m(__) […]

  • 裏毛と裏起毛の違いがわかりますか?

    2020-03-30  ファッション全般

    のっけから何ですが、業界内での仕事で使う用語は正確に使われるべきだし、統一されるべきだと考えています。 例えば、デニムという生地に似た生地ではダンガリーとシャンブレーがあります。 デニムは、紺色(場合 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング