ブランド・ビジネス  2020-01-16

商品分析について考えてみよう②

・前回の記事の振り返り

前回から、週や月等の会議やMTで行われていると思われる、商品分析について取り上げて
います。

商品分析について考えてみよう①

そもそもの、会議やMTの本来の目的は、

”(結果が出た時点から)先の状況を良くするために、ベターな案を創出・決定・実践すること”

このことです。

 

そして、その目的を果たすために、アパレル・ファッション小売業界では、週や月等の会議・MTが行われています。

その際に、週や月の商品の売れ筋等を確認する。そのような資料は、殆どのアパレル・ファッション小売業界では存在する筈です。では、何故そのような商品分析をするのかというと?

 

”(結果が出た時点から先の)顧客の消費動向心理を探る・知るため。”

そして、週次・月次の会議・MTでそのことから、

”先の商品計画のベターな案を創出・決定・実践するため”

そのことになります。

 

・商品の管理ルールを考えてみよう!

今回の記事では、前回の記事でも申し上げた、上記のような商品分析を行う際に使用する、商品管理のルールやコード体系について、考えていきたいと思います。

 

前回も申し上げたように、皆さん方が所属する組織には、商品管理に関するルールやコード等が存在している筈です。しかしながら、普段が使用されているそのことに疑問を持つ方は、殆どいらっしゃらないことでしょう。ですが、このことがしっかり定義されていないと、上記の目的を果たす商品分析を行うことは、難しくなります。

 

例えば、商品管理のルールに際しましては、”適時”を司る、シーズンを表すものがあります。

 

春夏秋冬等の区分が一般的なものになりますが、梅春・晩夏等更に、短く区分を区切っている組織があります。(時間軸を表す商品管理ルールについては、この連載で後日話をさせて頂きます)

そして、商品の特徴を表すカテゴリー・品種・アイテム等と呼ばれるカテゴリー分類(中分類)があります。レディースで言えば、ブラウス・ニット・カットソー等の分類を行っている組織が多いです。

今回は、このカテゴリー分類を例に、商品管理ルールを決めることの重要性をお伝えします。

 

・カテゴリー分類の定義が曖昧だと。。。

以下、例を用います。

 

あるレディースの組織は、アウターという大分類を、

コート・ジャケット・ブルゾンに分類して管理していたとします。

 

読者の皆さん。この分類の仕方どのように思いますか?
私は、このことに以下のような疑問を感じます。

 

・ショートダウンはどことの分類に入れたらいいの?
・テーラーJK型の防寒アウターは、JK分類でいいの?
・着丈中途半端なアウターは、コートという分類でいいの?

 

等そのこと以外にも、数多くの疑問が浮上する筈です。ましてや、このことが組織として定義されておらず、MD・バイヤーの個人の主観で、その分類が決められているとしたら?どうでしょう。

これは、皆さんもおわかりの通り。。。

 

正しい商品分析などできませんし、せっかく集めた顧客に関する貴重なデータも信憑性の薄いものとなってしまいます。

 

上記の分類を、顧客の用途に合わせ、防寒として使用するアウター。室内でも着用するアウターとして分類する。

着丈がブランドコンセプトにとって、重要なポイントであれば、防寒アウター短・防寒アウター(コート)等の分類にする。そして、その定義を明確する!ということであれば、ブランドコンセプトに見合った、顧客データを取ることが可能になる筈です。

 

・カテゴリー分類で意識すべきことは?

だからこそ、商品管理ルールに問題のある組織は、以下のことを意識して、そのことに見合ってなければ、その管理ルールを変更する必要性があるでしょう。

 

・自分たちの顧客ターゲットの心理を反映できるルールにする。
・顧客の用途やトレンドで大きく変化する分類を表すものにする。
・必ずルールの定義を確定させ、MD・バイヤーの主観で決められないようにする。

 

以上のようなことを意識すれば、商品分析の精度も上がる筈です。

 

また、AI等のテクノロジーの導入で、商品分析の精度が上がる!と勘違いしている人が、この業界にはゴマンといますが、商品管理ルールがしっかりしていない組織にそのことを導入しても、システム導入にかけた莫大な金額が、無駄ということになります。

ですから、今皆さん方の組織の商品管理ルールにおかしな点があれば、是非今回の記事を意識してもらい、自分たちのブランド・ショップコンセプトに見合ったルールに再考することがお勧めします。

 

では、次回からいよいよ本題の、商品の売れ筋等を見極める際に使用されるような帳票をベースに、
商品分析についての話をしていきます。
では、皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

  • 商品分析について考えてみよう④

    2020-01-30  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事から、日・週・月等で使用されていると思われる、ベストセラーレポートのような、商品の売れ筋を見極める帳票の件についてお話させていただいています。 商品分析について考えて […]

RECENT ENTRIES

  • 商品分析について考えてみよう⑥

    2020-02-20  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。 商品分析について考えてみよう⑤ 今回も以下の図を基に話を展開していきます。 そして、この表の特徴 […]

  • 同質化する店頭

    2020-02-10  ブランド・ビジネス

    数年前ほどではないですが、今でも新しい商業施設がいくつかオープンしています。 しかし、個人的にはショッピングセンターにしろ、ファッションビルにしろ、同じようなブランドばかりが入店しているので、あまり興 […]

  • 商品分析について考えてみよう⑤

    2020-02-06  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事の振り返り 前回の記事では、売上ランキングの売上でみるべき項目は金額だけなく、構成比も見ると、自ショップ・ブランドの売れているとき、売れていないときの癖が見抜ける?という話をしました。 & […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング