アパレルMDの為の教科書  2020-02-20

商品分析について考えてみよう⑥

・前回の記事の振り返り

前回の記事では、売上金額・構成比だけでなく、売上点数を見る重要性を述べました。

商品分析について考えてみよう⑤

今回も以下の図を基に話を展開していきます。

そして、この表の特徴は、大まかに以下のようなことで構成されています。

 

① 売上・粗利・在庫の部から構成されています。
② 売上・在庫は金額や点数だけでなく、構成比も記載されています。
③ Excel資料として抽出しています。(Excelを使用する必要のない最先端な組織もあるとは思いますが。)
④ 在庫消化日数が記載されています。

 

 

今回の記事では、主に在庫の数字を見る際に、どのような見方をすることが重要なのか?という話をしていきます。

 

・在庫消化日数とは?

この図を見ると、在庫の部も点数・金額・構成比で表示されています。あとは、在庫消化日数というものが記載されています。

 

まずは、在庫点数・金額です。この項目は、おそらくどのような組織も常に注意を払っていることでしょう。但し、この連載で何度も述べているように、在庫の点数・数字だけに注力するのではなく、売上・粗利・在庫と一気通貫で数字を見なければ、殆ど意味がありません。

 

今回の図では、在庫消化日数というものが記載されています。

これは、どのような指標なのか?というと。数式で表すと下記のようになります。

 

“在庫消化日数=前日時点在庫数÷1日の平均売上枚数”

 

このようになります。

 

例えば、ある商品Aの前日の時点在庫数が1,000点。前日までの1日の平均売上点数が20点だとすると?

 

*商品Aの在庫消化日数
1,000点(前日時点在庫数)÷20点(1日の平均売上数)=50日(在庫消化日数)

ということになります。

 

この商品Aは、今のままのペースで売れると、あと50日でなくなるよ!ということを知らせてくれるアラートのような存在です。

このことは、在庫消化の目安になります。残り50日でなくなるのが、良いことなのか?悪いことなのか?商品の追加の判断。セール施策の実行等に役立つものになります。

 

但し、そのことを判断するには、販売終了日という旗を立てることが必要となります。
今回のこの図には、販売終了日は記載されていませんが、販売終了日の隣に販売終了日を記載しておけば、商品の追加やセール施策等の実行などに大いに役立つことでしょう。

また、販売終了日を記載していなくても、組織の適時に関するルール。季節コード等と販売終了日がリンクしているのならば、そのことで現時点の在庫が多いのか?少ないのか?ちょうどいいのか?という判断ができるようになる筈です。

 

・在庫消化日数の弱点

しかしながら、この在庫消化日数という指標は、実は信じすぎてはいけない!指標であるということを理解しておかなければなりません。

 

それは、何故か?と言いますと。。。

アパレル・ファッション小売業にお勤めの方であれば、ピンとくると思いますが、新商品が売れるスピードというものは、商品が入荷してきた当初と、入荷してきてからある程度時間が経過した。とでは、大きく違うケースが多々あります。とくにレディースはその傾向が顕著です。

 

このことを上記の商品Aで考えてみると。。。

 

この商品は、入荷して2か月が経過したとします。

入荷当初の1日の平均売上数は30点であったが、ここ2週間の平均売上数は8点であるとなった場合。
上記のケースは入荷2か月の平均売上数の20点で計算してますから、在庫消化日数は50日となりますが、喫緊2週間での、1日の平均売上数8点を上記の数量にあてはめて考えてみると。。。

 

1,000点(前日時点在庫数)÷8点(喫緊2週間の1日の平均売上数)=125日(在庫消化日数)

 

というように、上記の50日という数字とは全く違う数字が出てきます。どちらの数字が実態に近いのか?もう皆さんおわかりの筈です。

 

在庫消化日数を指標として使う際は、このようなこともある!ということを、読者の皆様も注意するようにしましょう!

次回は、在庫構成比は、どのように見ていったらいいのか?
ということを話していきます。

では、皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング