ブランド・ビジネス  2020-03-26

商品の追加発注について考えよう④

・前回主題した問題をもう一度確認

今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。

商品の追加発注について考えよう③


前回出題した問題は以下の通りです。

(問題を解く際は、PCの画面で見て頂ける幸いですm(__)m)

 

問題1

商品名はレディース7分袖ブラウス。初回発注数量は700点。
17Wの水曜日に店頭入荷。入荷初日の売上は8点。翌日に追加ジャッジ。
LTは6週間とし、23週の月曜日入荷することが確定している。
販売終了日は、27週までとする。この商品は何点追加発注するべきでしょうか?

 

そして、この問題を解くヒントが以下になります。

ヒント①この問題の組織の過去3年分の既存店の7分袖のブラウスのデータになります。

これは、17週から27週までの売上金額のデータ一覧になります。
今回の問題は17週からの販売となりますので、上記のデータの17週を1とした場合。18週以降は下記のようになります。

ヒント②この問題の組織の既存店曜日別売上構成比になります。

以上がヒントです。

 

・商品の追加発注の精度を上げるにはジャッジメントの速さが必要!

この問題の答え合わせをする前に、商品の追加発注を行う際は、ジャッジメントは早ければ早いほど良い!ということを理解してください。今回、この問題は商品の追加発注のジャッジが1日で判断しています。

このジャッジメントが遅れると、その分商品の納期も遅れ、商品の追加発注の数量が減ります。また、その商品は人気があるから追加発注の判断をしたのでしょうから、ジャッジが遅れれば人気商品の不在期間が長引き、売上に影響を与える可能性があります。このことを理解しておきましょう。

 

・問題の解答をします。

では、いよいよ問題を解いていきます。

ヒント①ヒント②を使用して何をすればよいのか?要は、未来の売上予測数をはじき出す!ということになります。

私のような50歳手前の人は、以前はこのような作業を”売り消し”という手作業で行っておりましたが、現在では、POS等で精度の高い過去データがあれば、自分自身で簡単にシミュレーションをすることができます。また、今後この分野はAIが行うようになる可能性が高いでしょう。

また、今回の考え方は期中の組織の売上分析にも応用ができます。

 

・17週通して販売したときの売上予測数を算出してみる

この問題を解くポイントは、17週の水曜日に商品が入荷し、8点売れたのですから、17週通して売れたら何点売れたのか?ということがわかれば、ヒント①を使い売上予測数が算出できそうです。

では、17週通してこの商品が何点売れたのか?ということは、どうしたらわかるのか?ヒント②を使用してみれば、17週通した売上予測数が判明します。

そこで、曜日別売上構成比を見てみると。水曜日の売上構成比は11%になっています。
ということは!

 

8点(水曜日1日で売れた点数)÷11%(水曜日の売上構成比)=72.7277272…点(1週間の売上予測数)となります。

 

この計算で導き出された点数をヒント①売上点数のところにおけば、18週以降の未来の売上予測数が算出できそうです。

最後に余談ですが、Excelを使用し商品の追加発注数を予測する際は、上記の数字を四捨五入するのではなく、計算で導き出された数字を値複写して使用するようにしましょう。四捨五入した数字を入れると、算出される数字が微妙にズレをおこします。

 

次回は、ヒント①を使って未来の売上予測数を算出し、この商品は何点追加したらベターなのか?
という答えを導き出していきます。
では、皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Twitter
FOLLOW
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 商品の追加発注について考えよう⑤

    2020-04-01  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事のおさらい 今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。 商品の追加発注について考えよう④ 前回出題した問題は以下の通りです。 (解答はPCの画面でご覧頂けると幸いです。m(__) […]

  • 商品の追加発注について考えよう④

    2020-03-26  ブランド・ビジネス

    ・前回主題した問題をもう一度確認 今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。 商品の追加発注について考えよう③ 前回出題した問題は以下の通りです。 (問題を解く際は、PCの画面で見て頂ける幸 […]

  • 商品の追加発注について考えよう③

    2020-03-19  ブランド・ビジネス

    ・問題を解いてみよう! では、いよいよ商品の追加発注に関する問題を今回から数回にわたって出題していきます。 (問題を解く際は、PCの画面で見て頂ける幸いですm(__)m) 問題1 商品名はレディース7 […]

RECENT ENTRIES

  • セーターとカットソーの違いはどこなのか?

    2020-04-06  ファッション全般

    生地には大きく分けて「織物」と「編み物」の二種類があります。 逆に言えば二種類しかないとも言えます。 編み物は英語でいうとknitとなります。kは発音しないのでニットと読みます。 一口にニットと言って […]

  • しまむらの不振は自社EC運用で解消されるのか?

    2020-04-03  フルフィルメント

    しまむらが不採算続く約100店舗を整理へ、自社ECは予定通り下半期に開始 自社ECの運用を下半期に開始する予定で、開設までの間は同社の店頭取り寄せアプリ「しまコレ」の利用を促すことで店頭売上の低下を防 […]

  • 商品の追加発注について考えよう⑤

    2020-04-01  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事のおさらい 今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。 商品の追加発注について考えよう④ 前回出題した問題は以下の通りです。 (解答はPCの画面でご覧頂けると幸いです。m(__) […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング