ファッション全般  2020-04-06

セーターとカットソーの違いはどこなのか?

生地には大きく分けて「織物」と「編み物」の二種類があります。

逆に言えば二種類しかないとも言えます。

編み物は英語でいうとknitとなります。kは発音しないのでニットと読みます。

一口にニットと言っても、セーターもあれば、スエット、Tシャツもあります。

 

アパレルに詳しくない人であれば、セーターとTシャツ、セーターとスエット(いわゆるトレーナー)はかなり別種の商品だと感じるのではないかと思いますが、生地としては差異はありますがすべて「編み物」で大きな括りでいうと仲間になります。

日本のアパレル用語では、Tシャツ類はカットソーと呼ぶことが多く、セーターとは別のカテゴリーのアイテムとして扱われ、単に「ニット」といえばセーターを指す場合が多くあります。

その一方で、カットソーとニットは区別のつきにくい部分もあり、アパレルメーカーの展示会に行けば「カットソー仕上げのニット」とか「ニットっぽいカットソーなので『ニットソー』」なんて商品が提案されていたりもします。

 

今回は、アパレルの基本知識の一つとして、セーターとカットソーの違いについて説明します。まあ、有名な話なので知っている人は読む必要は全くありません。

 

 

書いてきたように、便宜上「カットソー」と「セーター」と分けても同じ「ニット」「編み物」生地で作られている服という点は変わりません。

では、どこが違うのでしょうか?

 

まず、カットソーという名称ですが、cut&sew(カット&ソー)から来ています。

直訳すると「切って縫う」ということになりますが、通常、服はほとんどの場合、生地を裁断して縫い合わせていますから、「普通のことやんけ」ということになります。

ご理解いただけますか?あなたが今、着用しているワイシャツもスーツのズボンも生地を裁断(切って)縫い合わせています。

 

しかし、Tシャツ類がことさら「切って縫う」ことが強調される理由があります。

それは編み物の代表であるセーターは元々「切って縫わない」からです。そのセーターと比べると、同じ編み物でありながら切って縫うTシャツ類は奇異だといえます。

 

 

そこが顕著に表れる箇所がありますので、見ていきましょう。

これは手持ちのユニクロ&トーマス・マイヤーのTシャツです。たしか290円くらいに値下がりしたときに買いました。

 

 

袖先、胴体の裾部分を裏返して見てみると、ロックミシンでまつってあります。

 

 

 

これがカットソーと言われる所以ですね。

まつっておかないと、編み物は糸がどんどんとほつれてきてしまいます。

 

 

 

一方、これは昨年春に買ったユニクロのスーピマコットンセーターです。

 

 

 

生地の目付(重さ)は今春物のスーピマコットンセーターよりも昨年物の方がわずかに重いように感じます。

セーターの特徴としては、袖先と胴体裾にリブ編みが取り付けられていることにあります。

 

で、このセーターを裏返して見ましょう。

袖先と裾のリブはいずれもミシンで縫い合わせられておらず、編み地が変化していることがわかると思います。

 

 

これを「リンキング」といいます。

正統派のセーターはロックミシンでまつられているのではなく、リンキングによって処理されています。

 

リンキングについてはこちらも資料としてどうぞ。

 

http://blog.maruyasu-fil.co.jp/archives/2745

 

 

要するに大雑把に言えば、リンキングしているかしていないかによって、セーターとカットソーは分けられるということです。

ウールの太番手の糸で編まれた厚手生地でもリンキングしていなければカットソーもしくはニットソーですし、極細番手で編まれた薄手の生地でもリンキングしてあればセーターということになります。

 

で、このリンキングですが、工場が国内外を問わず、徐々に姿を消しつつあります。

本体の編地を編むのと一見すると変わらないのではないかと思えてきますが、我が国では長らくリンキング専門の「リンキング工場」が担当してきました。

しかし、地味な作業で工賃が安いことに加えて、非常に細かい作業で工員の視力を低下させるので、若い人は跡を継がず後継者不足に陥っていました。

中国でも経済成長が始まると、リンキング工場は後継者不足で減少に転じたと言われています。

 

そのため、いずれ、海外でもリンキングがなくなるかもしれず、そうなるとセーターが製造できないということになります。

 

そこで注目されたのが、島精精機のホールガーメントです。これは一体成型のセーターを編むための技術です。

製造に知識のないファッション関係者はホールガーメントの利点を

1、一体成型なのでフィット感がある

2、縫い目がないので肌に優しい

などと吹聴していますが、いずれも真っ赤な嘘です。

 

レオタードのようにピチピチピタピタなセーターばかりならフィット感が重視されるかもしれませんが、ルーズシルエットのセーターだってホールガーメントで編めますから、ルーズシルエットに「フィット感」はまったく必要ありません。

 

また、縫い目がないから肌に優しいというのも嘘で、セーターは通常、肌着やシャツの上から着用するので縫い目があろうとなかろうとほとんど感じられません。

 

ホールガーメントの利点はタダ1つ。リンキング工場がなくなってもセーターが製造できるという点にあります。

ファッション関係者はこの点をよく覚えておいてください。

 

 

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
南充浩
WRITER

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

FOLLOW
FOLLOW

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • Tシャツもセーターも「編み物(ニット)」って知ってた?

    2020-08-03  繊維の基礎知識

    お久しぶりです。   ちょっと期間が開いてしまいまして申し訳ありません。         洋服というものは、みんな必ず毎日着ている物ですが、ほとんどの […]

  • シルクや合繊に使われる単位「デニール」について

    2020-07-14  繊維の基礎知識

    今回は、シルクや合繊の糸に使われる「デニール」についてです。 最近では「デシテックス」という単位もできましたが、業界ではいまだに「デニール」の方が愛用されていると感じます。 また業者だと「デニール」の […]

  • 糸の「番手」とは?

    2020-07-06  繊維の基礎知識

    一口に「生地」と言っても、14オンスデニムみたいに分厚い生地もあれば、高級ワイシャツに使われるような薄い生地もあります。 では生地の厚さが違う理由はなんでしょうか。 いろいろな理由がありますが、一つに […]

RECENT ENTRIES

  • 定番品の仕入予算設計は”売れる分だけ仕入する!”でいいの?②

    2020-08-05  アパレルMDの為の教科書

    前回の記事では、商品管理ルールに”定番品”という定義を持ち込んだ場合。仕入予算設計の基本ルールである。”売れる分だけ仕入する!”という大前提で仕入予算を組む際には、期首在庫の金額がどれくらいあるのか? […]

  • Tシャツもセーターも「編み物(ニット)」って知ってた?

    2020-08-03  繊維の基礎知識

    お久しぶりです。   ちょっと期間が開いてしまいまして申し訳ありません。         洋服というものは、みんな必ず毎日着ている物ですが、ほとんどの […]

  • UGCはどう増やす?

    2020-07-31  ECディレクターの為の教科書

    普段皆様がブランドを認知するきっかけは、どのようなものがあるでしょうか?筆者も過去、様々な人にこの質問を投げかけてきましたが、大抵は下記項目が挙がります。   ◯店舗・商業施設 ◯家族・友人 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング