ファッション全般  2020-04-13

複合素材の作り方は4種類ある 混紡・交織・交編・交撚

今回も基礎知識シリーズです。

我々が着ている服は生地でできていますが、最近は「〇〇100%」という生地は減って、例えば「綿50%・ポリエステル50%」とか「綿35%・ポリエステル45%・レーヨン20%」なんていう生地が多く見られる傾向にあります。

とりわけ、ストレッチ機能だとか、保温発熱機能だとか、吸水速乾機能だとか、そういう機能性の高い生地は何種類かの糸によって構成されています。

業界ではこういう生地を指して「綿混」だとか「綿ポリエステル混」だとかいう具合に呼びますが、こういう混ざっている素材のことを「複合素材」と呼びます。

複合素材といっても様々な種類がある上に、混ざり方もバラバラです。3種類の糸が混じった生地を「三者混」、4種類の糸が混ざった生地を「四者混」なんて呼び方もします。

 

で、糸が混じるといっても様々な混じり方があり、大きくわけて4つの混ぜ方があります。

今回は複合素材の4つの混ぜ方の説明です。

 

1、混紡

製造加工業のことに知識がない人はだいたい「〇〇混」の素材のことを「混紡」だと考えています。

しかし、そもそも「混紡」という字の意味を分かって話しているのでしょうか?

綿・ウール・麻を糸にする工程を「紡績」と呼びます。綿もウールも細かい繊維の集合体なのでその繊維を紡いで糸にするのが「紡績」です。

混紡というのは、この細かい繊維の時点でブレンドしてしまうことです。

細かい繊維同士をブレンドして、それを紡いで糸にします。綿(ワタ)の時点で混ざっていますから、必然的に混ざった糸が出来上がります。

この糸で生地を作れば必然的に混ざった生地になるというわけです。

ワタの時点で混ぜてしまって、それを糸に紡ぐ。これが混紡です。

 

2、交織(こうしょく)

しかし、複合素材は混紡一辺倒ではありません。世の中はそんなアホの一つ覚えでは成り立っていないのです。

交織というのは織物で経糸と緯糸に違う種類の糸を使うやり方です。

例えば経糸が綿で、緯糸がウールなら、綿・ウール混ということになります。

わざわざワタの時点でブレンドせずとも済みます。

 

3、交編(こうへん)

これは交織の編み物バージョンです。

編み物は経糸と緯糸を交差させてできる生地ではなく、糸をループ状にして編み合わせます。このとき、違う種類の糸同士で編めばこれも複合素材になります。

綿糸とウール糸で編めば綿・ウール混の編み生地が出来上がるというわけです。

 

4、交撚(こうねん)

紡績された糸はそのままだと「単糸」と呼ばれます。この糸同士を撚り合わせる工程を「撚糸」と呼びます。

もちろん、綿糸と綿糸を撚っても構いませんが、綿糸とウール糸を撚り合わせて一本の糸にすれば、その糸は綿・ウール混の糸ということになります。

これを使って生地を織ったり、編んだりすれば綿・ウール混の生地が出来上がるというわけです。

 

以前にコメントで「これを見分ける方法はありますか?」という質問をいただきましたが、工場のオッサンレベルの超プロならまだしも、見たり触ったりしただけで混紡か交撚か交織か交編かを見分けることはできないと考えた方が適切でしょう。

 

ただ、複合素材の作り方は4種類あって、コストや製造したい生地の風合いや機能性によってその都度製造方法が選択されているということだけは知っておいて損はありません。

 

複合素材を作る方法は、混紡だけではないのです。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
南充浩
WRITER

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

FOLLOW
FOLLOW

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • Tシャツもセーターも「編み物(ニット)」って知ってた?

    2020-08-03  繊維の基礎知識

    お久しぶりです。   ちょっと期間が開いてしまいまして申し訳ありません。         洋服というものは、みんな必ず毎日着ている物ですが、ほとんどの […]

  • シルクや合繊に使われる単位「デニール」について

    2020-07-14  繊維の基礎知識

    今回は、シルクや合繊の糸に使われる「デニール」についてです。 最近では「デシテックス」という単位もできましたが、業界ではいまだに「デニール」の方が愛用されていると感じます。 また業者だと「デニール」の […]

  • 糸の「番手」とは?

    2020-07-06  繊維の基礎知識

    一口に「生地」と言っても、14オンスデニムみたいに分厚い生地もあれば、高級ワイシャツに使われるような薄い生地もあります。 では生地の厚さが違う理由はなんでしょうか。 いろいろな理由がありますが、一つに […]

RECENT ENTRIES

  • 定番品の仕入予算設計は”売れる分だけ仕入する!”でいいの?②

    2020-08-05  アパレルMDの為の教科書

    前回の記事では、商品管理ルールに”定番品”という定義を持ち込んだ場合。仕入予算設計の基本ルールである。”売れる分だけ仕入する!”という大前提で仕入予算を組む際には、期首在庫の金額がどれくらいあるのか? […]

  • Tシャツもセーターも「編み物(ニット)」って知ってた?

    2020-08-03  繊維の基礎知識

    お久しぶりです。   ちょっと期間が開いてしまいまして申し訳ありません。         洋服というものは、みんな必ず毎日着ている物ですが、ほとんどの […]

  • UGCはどう増やす?

    2020-07-31  ECディレクターの為の教科書

    普段皆様がブランドを認知するきっかけは、どのようなものがあるでしょうか?筆者も過去、様々な人にこの質問を投げかけてきましたが、大抵は下記項目が挙がります。   ◯店舗・商業施設 ◯家族・友人 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング