アパレルMDの為の教科書  2020-07-01

残る在庫のことはどう考えたら良いの?②

前回の記事で残った在庫をどう考えるのか?ということをお伝えしました。

残る在庫のことはどう考えたら良いの?①


答えは!

”次年度
アウトレットやその他セールなどで、
消化しきれる金額(売上原価)の設定を
考えることがベターである。”

 

・残る在庫は上乗せ仕入分??

このことを簡単に説明しますと。
例えば、2020年度の商品で残してしまった在庫は、次年度の2021年度にはキャリー品として扱う組織が、アパレル・ファッション小売業界では多い筈です。(何年も継続して売っている商品はまた別)

この2020年度で売れ残った商品が、2021年度にアウトレット(以下OL)等で売れる(セール込み)金額。それは、上乗せして、2020年度に仕入してもイイよね!!という考え方です。

 

 

・Aさんのバッグ屋を例に、残る在庫=上乗せ仕入を考える

上記の例をより分かりやすく説明するために、今回もAさんのバッグ屋をモデルに考えていきます。
Aさんのバッグ屋の目標数字は以下の通りです。今回は新規オープンをする!というのではなく、数年にわたって営業実績があるとします。

・売上予算 1億1千万円
・粗利率予算 50%
・仕入原価予算 5,500万円
・値入率設定 60%
・仕入元売価予算 1億3,750万円
・年間OFF率 20%

 

今回は、商品在庫は残る前提として考えます。

本来、Aさんのバッグ屋さんのような1店舗しかない組織で、OLを持っている等ということはありませんが、今回は別場所での特売セールをOLとして考える!というようなコジツケにします。

そして、過去の特売セールでの、前年の残り物(キャリー品)の消化実績は、以前の記事で1年で約611万円!の売上原価とお伝えしました。

 

要は、毎年平均すると翌年度の特売セールで、約611万円の売上原価の実績があるのだから、プロパー店とも捉えることのできる、Aさんのバッグ屋は1年で611万円の商品在庫をのこしても良いじゃない!そのような考え方です。

 

すると。本来Aさんのバッグ屋の1年での仕入原価予算は?5,500万円でしたから。残してもよい611万円をプラスした。。。(Aさんのバッグ屋の1年での仕入可能原価金額)

5,500万円+約611万円=約6,111万円

この金額を仕入しても良いじゃないか!ということになります。

また、当然のことですが、Aさんのバッグ屋が予算通りの結果になった場合。
残った商品の原価が611万円になる!ということです。

因みに、この仕入可能原価金額を元売価金額に置き換えると?

6,111万円 ÷ 40% = 約1億5,278万円

となり、売上予算1億1千万円の約139%のもの仕入が可能になります。

次回は、今回の記事では詳しく説明しきれなかったことを、更に丁寧に説明していきます。
皆さん。次回もお楽しみに!

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング