アパレルMDの為の教科書  2020-07-01

残る在庫のことはどう考えたら良いの?②

前回の記事で残った在庫をどう考えるのか?ということをお伝えしました。

残る在庫のことはどう考えたら良いの?①


答えは!

”次年度
アウトレットやその他セールなどで、
消化しきれる金額(売上原価)の設定を
考えることがベターである。”

 

・残る在庫は上乗せ仕入分??

このことを簡単に説明しますと。
例えば、2020年度の商品で残してしまった在庫は、次年度の2021年度にはキャリー品として扱う組織が、アパレル・ファッション小売業界では多い筈です。(何年も継続して売っている商品はまた別)

この2020年度で売れ残った商品が、2021年度にアウトレット(以下OL)等で売れる(セール込み)金額。それは、上乗せして、2020年度に仕入してもイイよね!!という考え方です。

 

 

・Aさんのバッグ屋を例に、残る在庫=上乗せ仕入を考える

上記の例をより分かりやすく説明するために、今回もAさんのバッグ屋をモデルに考えていきます。
Aさんのバッグ屋の目標数字は以下の通りです。今回は新規オープンをする!というのではなく、数年にわたって営業実績があるとします。

・売上予算 1億1千万円
・粗利率予算 50%
・仕入原価予算 5,500万円
・値入率設定 60%
・仕入元売価予算 1億3,750万円
・年間OFF率 20%

 

今回は、商品在庫は残る前提として考えます。

本来、Aさんのバッグ屋さんのような1店舗しかない組織で、OLを持っている等ということはありませんが、今回は別場所での特売セールをOLとして考える!というようなコジツケにします。

そして、過去の特売セールでの、前年の残り物(キャリー品)の消化実績は、以前の記事で1年で約611万円!の売上原価とお伝えしました。

 

要は、毎年平均すると翌年度の特売セールで、約611万円の売上原価の実績があるのだから、プロパー店とも捉えることのできる、Aさんのバッグ屋は1年で611万円の商品在庫をのこしても良いじゃない!そのような考え方です。

 

すると。本来Aさんのバッグ屋の1年での仕入原価予算は?5,500万円でしたから。残してもよい611万円をプラスした。。。(Aさんのバッグ屋の1年での仕入可能原価金額)

5,500万円+約611万円=約6,111万円

この金額を仕入しても良いじゃないか!ということになります。

また、当然のことですが、Aさんのバッグ屋が予算通りの結果になった場合。
残った商品の原価が611万円になる!ということです。

因みに、この仕入可能原価金額を元売価金額に置き換えると?

6,111万円 ÷ 40% = 約1億5,278万円

となり、売上予算1億1千万円の約139%のもの仕入が可能になります。

次回は、今回の記事では詳しく説明しきれなかったことを、更に丁寧に説明していきます。
皆さん。次回もお楽しみに!

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 復習問題~仕入予算編④~

    2020-10-21  アパレルMDの為の教科書

    今回は、前回出題した問題の解答を発表します 復習問題~仕入予算編~③ (問題15) 1年の売上2億円。粗利率55%。値入率65%の組織がある。この組織の1年での消化率(売上原価÷仕入原価)が90%だっ […]

  • 復習問題~仕入予算編~③

    2020-10-14  アパレルMDの為の教科書

    皆様。前回の問題が解けましたでしょうか? 復習問題~仕入予算編②~ 今回は、仕入予算関連の問題を引き続き出題致します。今回も皆様。是非問題にチャレンジしてみてください。     ・ […]

  • 復習問題~仕入予算編②~

    2020-10-07  アパレルMDの為の教科書

    今回は、前回主題した問題の解答を発表します。 復習問題~仕入予算編①~   (問題12) 1年の売上予算25億円。粗利率予算52%の組織があります。1年での仕入原価予算はいくらに設定すべきで […]

RECENT ENTRIES

  • 復習問題~仕入予算編④~

    2020-10-21  アパレルMDの為の教科書

    今回は、前回出題した問題の解答を発表します 復習問題~仕入予算編~③ (問題15) 1年の売上2億円。粗利率55%。値入率65%の組織がある。この組織の1年での消化率(売上原価÷仕入原価)が90%だっ […]

  • 大手アパレルが何十個もブランドを持っている理由

    2020-10-19  繊維の基礎知識

    今回は趣向を変えてみます。 一応、初心者向けの基礎知識という内容は変わりませんが、初心者の皆さんは、オンワード樫山やワールド、三陽商会といった百貨店向け・ファッションビル向け大手アパレルがどうして、各 […]

  • 復習問題~仕入予算編~③

    2020-10-14  アパレルMDの為の教科書

    皆様。前回の問題が解けましたでしょうか? 復習問題~仕入予算編②~ 今回は、仕入予算関連の問題を引き続き出題致します。今回も皆様。是非問題にチャレンジしてみてください。     ・ […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング