繊維の基礎知識  2020-06-29

ホワイトジーンズは存在するがホワイトデニムは存在しない

ジーンズが「デニム」と呼ばれるようになって何年間かが経ちました。

ジジイの僻事かもしれませんが、個人的にはジーンズを「デニム」と呼ぶのはいかがなものかと思います。なぜならデニムとは生地の名前であり、洋服の種類のことを指すのではありません。

デニムは生地なので、シャツも作れますし、ブルゾン、ジャケット、コート、スカートなども作れます。また同じパンツでもスラックス型やチノパン型も作ろうと思えば作れるのです。

デニムで作られた5ポケット型パンツを「デニム」と呼んでしまえば、デニム生地で作られたその他アイテムはなんと呼べばいいのでしょう?

さらにいえば、「デニム」ではデニム生地を指すのかジーンズを指すのかがややこしすぎます。

 

デニム生地で作られた5ポケット型パンツはジーンズと呼ぶのがもっとも利便性が高いといえます。

 

ジーンズを「デニム」と呼ぶようになって、「ホワイトデニム」なる珍妙な言葉も生まれています。

本来であればホワイトジーンズと呼んでいたものです。

白い綾織りの厚手生地で作られた5ポケット型パンツです。

ジーンズと同じ5ポケット型パンツなので、ホワイトジーンズと呼ぶのです。

 

 

 

さて、前回も書きましたが、デニムとはなんでしょうか?

インディゴ染めされた経糸、染色されていない緯糸で構成された綾織りの生地のことですから、ホワイトなデニム生地など存在しません。

おわかりでしょうか。

 

ジーンズがカジュアルファッションとなってから、インディゴブルー以外の様々な色のデニム生地が作られました。

もっともよく見かけるのはブラックデニムでしょう。それ以外のカラーデニムもたまに見かけます。ブラックも含めたカラーデニムは、経糸が色糸、緯糸が白という具合になった綾織り生地です。

ですから、デニムの派生形、デニムの亜流と見なすことができます。

 

しかし、ホワイトジーンズに使われている生地はどうでしょうか?

同じ綾織りながら、経糸・緯糸ともに白です。ですからこの生地はデニムの亜流ですらないのです。この生地は「カツラギ」と呼ばれる生地です。

 

白いカツラギで作られた5ポケット型パンツを「ホワイトジーンズ」と呼んでいたのです。

 

現在、ブラックも含めたカラージーンズには2通りの商品があります。

1つは、先ほども書いた「カラーデニム生地」で作られた5ポケット型パンツ

もう1つはカツラギで作られた5ポケット型パンツ

です。

 

カツラギは同じ色の経糸と緯糸で織られた綾織り生地のことです。色は何でも構いません。

現在、定番アイテムの一つとなっている黒のスキニーパンツがありますが、あれは黒のストレッチカツラギ素材が使われています。

ブラックデニムのスキニーとは生地の色合いが少し変わります。

経糸・緯糸ともに黒なのでカツラギの方が濃い黒になります。

経糸・緯糸が同じ色の「デニム生地」などというものは存在しません。ですからホワイトジーンズは存在していても、ホワイトデニムは存在しないのです。

 

 

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
南充浩
WRITER

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

FOLLOW
FOLLOW

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 糸の「番手」とは?

    2020-07-06  繊維の基礎知識

    一口に「生地」と言っても、14オンスデニムみたいに分厚い生地もあれば、高級ワイシャツに使われるような薄い生地もあります。 では生地の厚さが違う理由はなんでしょうか。 いろいろな理由がありますが、一つに […]

  • ホワイトジーンズは存在するがホワイトデニムは存在しない

    2020-06-29  繊維の基礎知識

    ジーンズが「デニム」と呼ばれるようになって何年間かが経ちました。 ジジイの僻事かもしれませんが、個人的にはジーンズを「デニム」と呼ぶのはいかがなものかと思います。なぜならデニムとは生地の名前であり、洋 […]

  • 生地の織り方は3種類しかない 平織り・綾織り・繻子織り

    2020-06-23  ファッション全般

    以前に別のサイトでも書いたのですが、生地には織物と編み物の2つがあります。 織物は布帛とも呼ばれ、いわゆる「ナンタラ織り」という生地はすべて織物になります。 そして、現在の洋服に使われる織物の織り方は […]

RECENT ENTRIES

  • 指名検索はどう購買に繋げるのか?

    2020-07-10  ECディレクターの為の教科書

    ブランドネームで検索行動を起こす「指名検索」ですが、これが発生しているとそのブランドは当然需要があるという事です。しかし、それが発生しているにも関わらず売上が適切に取れていないケースもあったりします。 […]

  • 残る在庫のことはどう考えたら良いの?③

    2020-07-08  アパレルMDの為の教科書

    前回の記事で残った在庫をどう考えるのか?ということをAさんのバッグ屋をモデルに考えていきました。 残る在庫のことはどう考えたら良いの?② その結果は、以下のようになります ・売上予算 1億1千万円 ・ […]

  • 糸の「番手」とは?

    2020-07-06  繊維の基礎知識

    一口に「生地」と言っても、14オンスデニムみたいに分厚い生地もあれば、高級ワイシャツに使われるような薄い生地もあります。 では生地の厚さが違う理由はなんでしょうか。 いろいろな理由がありますが、一つに […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング