フルフィルメント  2018-12-04

EC専業・カタログ通販業者のリアル店舗出店をまとめてみた

カタログ通販のDAMAが実店舗スタート

カタログ通販大手のディノス・セシールが手掛ける女性向けブランド「DAMA(ダーマ)」の根強い人気が続いている。50~60代のキャリア女性を主要顧客に据えたブランドで、流行を取り入れつつ加齢とともに変化する体型に配慮した洋服を提案。値段に見合う品質の高さも人気の理由といい、2018年3月期の売上高は前年比3割増と好調を維持する。

スタイルデリ実店舗スタート

EC専業アパレルのネバーセイネバー(東京、齊藤英太・社長)の主力ウィメンズブランド「スタイルデリ(STYLE DELI)」は、実店舗1号店を東京・表参道に24日オープンした。

カタログ通販、EC専業のショップがどんどんリアル店舗を出店しています。WEBとリアルの両方が必要というお話はもう周知の事実でしょうからここでは置いときます。通販からリアルへ進出してきているブランドが最近あまりにも多いのですが、僕の周りの方々でもとにかくWEBから始めたいってお客さんが非常に多い。最終的には実店舗出す予定なんでしょうけど、まずは低コストでWEBから始めて拡散したいって思惑なんでしょう。そんな簡単にいく訳ないんですが、とりあえずは過去の事例を一度洗い出してみたいと思います。
 
bellemaison(ベルメゾン)※千趣会
元はカタログ通販の会社である千趣会さん。今では上記のベルメゾンネットをEC、リアル双方でも展開しています。一時、とあるコンサルの言う事を間に受けてカタログを脱却しECに急に軸足を写そうとして業績を大幅に悪化させた過去があります。
 
○belluna(ベルーナ)

こちらもカタログ通販からEC、そして今ではリアル店舗も出店しているベルーナ。すでに顧客リストを持っている会社は、その顧客に合わせたチャネルを作って、そこから広げる事ができます。過去の販路が陳腐化してしまう前に新しい販路を確立する事が重要なようです。
 
○Doclasse(ドゥクラッセ)

40代アッパーへのWEBの訴求でお手本にしたいドゥクラッセも、元々はカタログ通販をやってました。店頭もよくリサーチするんですが、周辺の店舗と比較して非常に集客力があります。それぞれのチャネルでちゃんと売上を作っていて、うまく最大化させている印象があります。
 
○DHOLIC(ディーホリック)

[DHOLIC:ディーホリック]
韓国系ファッションのディーホリックは元々EC専業から2015年に初めてリアルへ進出。まさにEC発のショップがリアルに進出した先駆け的な存在と言っていいでしょう。

○STYLENANDA

同じくEC発の韓国系ファッション、スタイルナンダも実店舗の展開を進めています。こちらは服よりもコスメの方が印象強いですが。
 
○Fabric TOKYO

所謂、D2Cと呼ばれる形態のブランドの先駆け。WEB上で自分のサイズを入力するとパターンオーダーのスーツを製作してくれる事でも有名です。こちらもEC発からの実店舗の展開。
 
○felissimo(フェリシモ)

フェリシモ
初期の頃は定期便で有名だったECサイト。いつの間にか常設店が3店舗もできてる。。

○夢展望

プチプラファッションで一時期快進撃を見せていた夢展望。業績悪化からライザップに買収され、現在ヘップファイブに実店舗が1店舗だけございます。
思い当たるところを洗い出してみましたが、カタログ通販でもEC専業でも最終的には実店舗を出すに至っております。店舗の役割ってそれぞれあると思うんですが、一番はやはりブランディングだと思います。店舗から発信される世界観・イメージが強いファンを生み出すので、ファッションブランドやるなら1店舗は実店舗無いと継続的にブランドビジネスやっていけないんではないでしょうか。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

FOLLOW
FOLLOW

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • しまむらの不振は自社EC運用で解消されるのか?

    2020-04-03  フルフィルメント

    しまむらが不採算続く約100店舗を整理へ、自社ECは予定通り下半期に開始 自社ECの運用を下半期に開始する予定で、開設までの間は同社の店頭取り寄せアプリ「しまコレ」の利用を促すことで店頭売上の低下を防 […]

  • ブランドの根幹はMD設計以外に無い

    2020-03-23  ブランド・ビジネス

    「御社の課題はMDです。」   法人を立ち上げてからこの台詞を何回言った事だろう。弊社はECのディレクションをメインとした事業を運営しているのだが、トレンドである「EC」というチャネルだけを […]

  • おじさんが気づかないInstagramのハイライトを使ったwebメディア化

    2020-02-29  ブランド・ビジネス

    ファッションブランドで「オウンドメディア 」を運用するブランドが増えてきたせいか、弊社にも様々なご相談が寄せられています。何をもってオウンドメディアと呼ぶかにもよりますし、既にブランド公式サイトで日々 […]

RECENT ENTRIES

  • 仕入予算は適当に考えたらダメ③

    2020-05-27  ブランド・ビジネス

    ・Aさんのバッグ屋の目標数字を再確認 前回の記事では、セレクトショップのバイヤー経験者Aさんをモデルに仕入予算を考えよう!という話になりました。 仕入予算は適当に考えたらダメ② Aさんの立ち上げるショ […]

  • 仕入予算は適当に考えたらダメ②

    2020-05-20  ブランド・ビジネス

    ・仕入の基本は。。。 前回の記事から、仕入予算に関するお話をしています。 仕入予算は適当に考えたらダメ① ここで、単刀直入に仕入の基本の考え方を述べますと!! ”売れる分だけ仕入する!!” このことが […]

  • デニムとダンガリーとシャンブレーの違い

    2020-05-19  ファッション全般

    先日、ある著名ファッション関係者のブログを読んでいたら、デニムシャツとしてシャンブレーシャツが紹介されていました。 前振りでシャンブレーシャツを扱って、後半には「一方、デニムシャツとは・・・」という説 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング