MD視点での決算書の読み方  2020-11-18

決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう①

今回の新連載を始める理由

今までの連載で、マーチャンダイザー(以下MD)として、身につけるべき数字面の仕事に関することをこれまで長く連載してきました。

マーチャンダイジングって何?


この先どのような連載を、このstylepicks.comでするのか?と。とても悩んだのですが。。。

これまで、記載してきたMD数字面の仕事の基礎の知識を磨く!練習として。。。

”決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう!”

ということを、今後連載していきます。

何故、このような連載にすることにしたのか?といいますと。。。

今の会社を立ち上げてから仕事が全くなかった時代に、マーチャンダイザーとしての数字面のスキルを磨く為に、自分自身で閃いて始めたこと他なりません。このようなことができるようになると、MDの数字面の仕事だけでなく、数字から現場をイメージする!といった、MDとして身につけるべきスキルを磨くことになります。

(下記は、弊社アップされているで書いた決算書の記事です)

(特別記事)決算書類から各社の今後の仕入見通しを考察してみた

MDが決算書を読んだ方がよい理由

今回のこの連載は”簿記”の資格を目的とするようなものではありません。MDとして、見るべき数字を抜き取り、MDとしての数字面の仕事を磨くこと!を目的としておりますので、なるべく、皆様方に理解しやすいような言葉・書き方でお伝えできればと存じます。

 

先に、MD目線で決算書を読んだ方が良い・読めるようになることが大事!という目的は?

① OTB表(売上・仕入・粗利・在庫)の運用能力を磨くこと
② 組織の問題点を素早くみつける能力を磨くこと(この後に問題点を解決に向かわせること)

ざっくり言ってこの2つになります。

 

 

決算書とは?

では、決算書とは?どういう意味なのか?ということを、ネット調べると。。。

”企業が利害関係者に対して一定期間の経営成績や財務状態等を明らかにするために複式簿記に基づき作成される書類である。日常用語としては、決算書(又は決算報告書)と呼ばれている。”

 

このように記載されています。

簡単に言ってしまえば、会社の経営成績を表す通信簿といった方がよいでしょうか。また、決算書の期間は1年となります。例えば、この業界に多い、2月末決算の場合。2021年2月末が決算月だとすると?
2020年3月1日~2021年2月28日が該当期間ということになります。この業界で忌み嫌われる決算棚卸は、このケースだと2021年2月28日時点の在庫を数える!ということになります。

 

この決算書は、上場企業の場合。3か月単位で開示義務があり、その企業のウェブサイトに公開されています。ですから、上場企業の数字を追っていけば、今まで学んだMD数字基礎の知識が使えて、MDの数字面の仕事のトレーニングになる!ということです。
(因みに上場企業以外の企業でも、決算数字の開示義務(1年に1度)はありますが、殆どの組織が公開しておりません)

 

 

決算書はどこで見つければよいの?また、どんな種類があるの?

では、上場企業の決算書は会社のウェブサイトのどこに記載されているの?といいますと。それは、IRという欄に、各年の決算関連書類が記載・保存されています。

 

IRって何?と思われている方も多いと思いますので、以下簡単に説明すると。

・Investor Relations(インベスターリレーションズ)
企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する活動をいう。
日本では「投資家向け広報」とも日本語訳されているが、IRという頭字語も定着している。”

 

ということです。

更に言えば、IR情報には、その他経営に関わる数字も月次ベースで記載されていますので、その数字を見る習慣をつけると良いと思います。(この月次数字に関することは、後日記載していきます)

 

また、決算書にはどのような種類があるの?と言いますと。。。

・決算説明会資料
・決算短信
・有価証券報告書

 

大きく言えば、この3つが代表する書類になります。では、次回以降はこの決算関連書類の簡単な説明をしていきます。

では、皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう③

    2020-12-02  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、決算関連書類にはどのようなものがあるのか?という簡単な説明をさせて頂きました。主だったものとして。。。   ・決算説明会資料 ・決算短信 ・有価証券報告書 決算書を読むことで […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう②

    2020-11-25  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、今まで学んできたMD数字面の仕事の基礎の知識を磨く!練習として、MD目線で決算書を読む!というシリーズです。前回の記事では、決算の簡単な説明と決算関連書類がどこで公開されているのか?等 […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう①

    2020-11-18  MD視点での決算書の読み方

    今回の新連載を始める理由 今までの連載で、マーチャンダイザー(以下MD)として、身につけるべき数字面の仕事に関することをこれまで長く連載してきました。 マーチャンダイジングって何? この先どのような連 […]

RECENT ENTRIES

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング