繊維の基礎知識  2020-12-28

ポリウレタンという素材のデメリット

ポリウレタンという素材はどういう形状に加工されていても必ず劣化して崩れます。

ストレッチ糸として用いられた場合、だいたい10年前後で断裂して、ノンストレッチ生地になります。
糸ではなく、基布に塗って合皮にした場合、3年~5年くらいで剥離が始まります。

 

また傘の柄やレバーの持ち手に塗った場合もだいたい2~3年で溶け始めます。

 

ですから、レザーの代わりにポリウレタン合皮を使うというのはまったくエコでも何でもないということになります。レザーなら手入れをすれば数十年は持ちます(手入れが悪ければすぐにダメになります)し、リペアして使うことも可能です。ですが、ポリウレタン合皮は手入れを怠らなかったとしても必ず数年内に劣化して剥離しますし、リペアは不可能です。

 

数年に一度必ず買い替えねばならないという極めて非エコな商材だといえます。

 

 

 

ところで「ボンディング」と呼ばれる素材をご存知ですか?

まったく違う二つの生地を貼り合わせて一つの生地にしたものをボンディングと呼びます。レースと丸編みとか、色の違う丸編み生地とか、そういう感じで背中合わせに貼り付けて、表と裏で異なる素材感や色合いが楽しめます。

そんなボンディングにもポリウレタンが使われる場合があります。

 

生地と生地の間にポリウレタンを挟むことで接着するという場合があるのです。

この場合は必ず、真ん中に挟まれたポリウレタンが劣化し、数年後には貼り付けていた生地が分離してしまいます。

 

これは意外に知らない人が多いのではないでしょうか。

 

先日、ジーユーで定価4990円が990円に値下がりしたフーディースリーレイヤーコートを買いました。要するに「防水透湿コート」です。

これと同じ素材で丈の短いマウンテンパーカは人気でずっと定価の3990円から値下がりしないままでしたが、コートの方は何故か売れ行きが悪く、早々に990円に値下がりしてしまいました。

 

 

 

 

このジーユーのスリーレイヤーファブリック(要するに三層構造生地)はポリエステルとポリエステルの間にポリウレタンを挟んだ構造となっています。

ですから、この生地も短ければ3年後、長くても10年後くらいには、劣化してしまうと考えられます。

 

その証拠にタグには「全ての効果は徐々に低下します」と書かれてあります。

 

 

 

ポリウレタンを塗ったユニクロのネオレザーもタグには「3年後くらいには劣化します」と書かれてあったことを思い出させます。

 

非常に便利で使い勝手の良いポリウレタンという素材ですが、短期間で必ず劣化してしまうというデメリットも同時に持っています。

ポリウレタンやポリウレタン混素材を企画製造販売する場合、消費者へのアナウンスが最も重要になるといえます。

もしそれを怠れば、あらぬクレームを受けてしまうことにもなります。

 

今年もいよいよ終わります。繊維の基礎知識の年内更新はこれが最後になります。また来年からよろしくお願いします。

皆様、良いお年を。

 

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
南充浩
WRITER

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

FOLLOW
FOLLOW

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 素材関係の用語の乱れがひどくなっているように感じられる話

    2021-03-16  繊維の基礎知識

    呼び名を工夫することは素晴らしいことです。 有名な例としては、ナイシトールという薬品ですが、これは以前は違う商品名だったそうです。その頃はさっぱり売れませんでしたが、ナイシトールに変更してから売れ行き […]

  • セーターの「ゲージ」って何を表す単位?

    2021-02-24  繊維の基礎知識

    セーターの編み生地の厚さを表す単位として用いられているのが「ゲージ」です。 ハイゲージ、ミドルゲージ、ローゲージという具合に使われます。 多くの人はハイゲージと言われると、編み目の詰まった薄手のセータ […]

  • 生地製造のミニマムロットの基準 ~織物は長さ、編み物は重さ~

    2021-02-16  繊維の基礎知識

    通常の洋服として使われる生地には織物と編み物の二種類があります。 織物は「布帛」とも呼ばれます。 一方の編み物は「knit(ニット)」とも呼ばれます。   織物で作られる洋服で代表的な物はジ […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング