繊維の基礎知識  2021-01-04

Super100と100番手の違いについて

みなさま、あけましておめでとうございます。

大変だった2020年が終わり、2021年が始まりましたが、まだコロナ禍は続くようです。こういうときこそ、心折れることなく持ちこたえたいものですね。

 

さて、今回は、ウールのスーツの生地で表示されている「Super100」についてです。高級なスーツ地の目印の一つとして「Super100」とか「Super120」とかそういうラベルがあります。

とは言っても、高級スーツにだけ使われているわけではなく、ツープライススーツにも使われていたりします。自分は、昔、Super100の表示のついたスーツをスーパースーツストアで買ったことがあります。価格は19000円でした。今でも捨てていません。

 

さて、この「Super〇〇」ですが、一体何を表しているのでしょうか。

紳士服に詳しい方なら、とっくにご存知のことなのですが、意外とスーツ好き以外には知られていないことが先日わかりました。

先日、このStylepicksの代表である深地雅也さんと雑談していたのですが、その際

「Super100って100番手とは違うんですか?」

と質問されたのです。

 

繊維の基礎知識を読んでくださっている人ならみんな知っていると思いますが、糸の太さを表す単位として「番手」があります。(正確には重さを表す単位ですが、軽いということは結果的に糸が細いということにつながる)

1番からだんだんと細くなっていき、100番手というと相当に細い糸ということになります。

太い糸を紡ぐのは比較的容易で、細い糸を紡ぐことは難しいので、100番手などの「細番手」は概して高級と言われる場合が多いのです。

 

で、深地さんの問いへの答えですが、Super100と100番手ウールはまったく別物です。

ではSuper100とは何の単位なのでしょう。

たしかにSuper100、Super110、Super120となるに従って細くなるのは間違いありませんが、それは糸の太さではないのです。

 

糸の太さではなく、Super〇〇というのは、糸を構成している繊維の細さを表しているのです。Super100より110、110より120、120より130、140という具合に、細い繊維で構成された糸になります。

 

しかし、まだ番手との区別がついておられない方もいるのではないかと思いますが、まったく違うのです。

通常、羊の毛を刈って原毛にします。この原毛はウールの繊維が寄り集まったもので、この繊維を紡いでウール糸にします。

細く紡げば細番手、太く紡げば太番手ということになりますが、この「番手」の場合、構成しているウール繊維の太さは何でも構わないのです。

ですが、Super〇〇はこれとは逆で、細い繊維のことをSuper〇〇と呼ぶので、Super〇〇の繊維を使って太番手の糸を紡ぐことも可能なのです。

Super100の繊維を使って30番手の糸を紡ぐということも可能になるのです。

 

深地さんほどの人をもってしても、Super100と100番手の区別がつかないのですから、繊維の全知識を網羅している人はこの世にはいないのではないかと思います。

繊維の細さを表しているのが、Super〇〇

繊維を集めて紡いだ糸の太さを表しているのが番手

ということです。

この違いをしっかりと覚えておいてください。

 

それではみなさん、今年もよろしくお願いします。

 

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
南充浩
WRITER

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

FOLLOW
FOLLOW

1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間20万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブロ(http://minamimitsuhiro.info/ )】

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 素材関係の用語の乱れがひどくなっているように感じられる話

    2021-03-16  繊維の基礎知識

    呼び名を工夫することは素晴らしいことです。 有名な例としては、ナイシトールという薬品ですが、これは以前は違う商品名だったそうです。その頃はさっぱり売れませんでしたが、ナイシトールに変更してから売れ行き […]

  • セーターの「ゲージ」って何を表す単位?

    2021-02-24  繊維の基礎知識

    セーターの編み生地の厚さを表す単位として用いられているのが「ゲージ」です。 ハイゲージ、ミドルゲージ、ローゲージという具合に使われます。 多くの人はハイゲージと言われると、編み目の詰まった薄手のセータ […]

  • 生地製造のミニマムロットの基準 ~織物は長さ、編み物は重さ~

    2021-02-16  繊維の基礎知識

    通常の洋服として使われる生地には織物と編み物の二種類があります。 織物は「布帛」とも呼ばれます。 一方の編み物は「knit(ニット)」とも呼ばれます。   織物で作られる洋服で代表的な物はジ […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉗

    2021-06-09  MD視点での決算書の読み方

    以前の記事で、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。前回の記事では、A・Bを考察しましたので, 今回の記事では […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉖

    2021-06-02  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。今回の記事では、それぞれのケースを考察していきます。 決 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング