MD視点での決算書の読み方  2021-01-20

決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう⑨

前回の記事で、架空の組織を数字を決算書から抜き出し、OTB表を作成しました。完成した表は下記になります。

決算書を読むことでMDの数字面を鍛えよう⑧

この表のことを述べる前に、決算書から数字を抜き出して、OTB表を作る際には。。。

”最低3年分の数字を調べ表を作成すること!”

このことが大事です。更に言えば、決算説明会資料や企業のIR情報から。

・店舗の増減(新規出店・退店)
・既存店売上の昨対
・既存店の客数・客単価

 

等を調べておくとより精度が上がります。特に、既存店客数の増減は、MDにとってファン数の増減とも捉えることができるので、この数字はしっかりと追っておきましょう。特に、売上は伸びていても、客数が減少し、客単価の増で売上が伸びていた場合は、そのブランドやショップにとって、かなり危険な兆候といえるでしょう。

 

 

〇新たな設定を加える

今回のこのOTB表の設定は、

”中価格帯のメンズベーシックカジュアルショップ”

 

ということでした。今回は、1期分しか表を作成していない為、新たな設定を加えます。

・この年(このOTB表の年)は全体的に数字が良く黒字だった。しかし、秋冬商戦は売れたが在庫消化に苦戦した!という設定です。このことを鑑みて、このOTB表から読み取れることを。。。

① 売上
② 粗利
③ 仕入
④ 在庫

 

の順で述べていきます。

 

 

〇売上から見えること

まずは①の売上からです。

今回のこの表の売上だけ見て、何か感じ取れ!というのは、難しいことでしょう。今回加えた設定の

・この年(このOTB表の年)は全体的に数字が良く黒字だった。しかし、秋冬商戦は売れたが在庫消化に苦戦した!

この情報だけで、終了でも良いのかもしれません。

しかしながら、読者の皆様に注目してほしいのは、四半期ごとの売上構成比です。以下、四半期ごとの売上構成比を並べると、以下のようになります。

・第1四半期(3月1日~5月31日)
→22.7%
・第2四半期(6月1日~8月30日)
→25.9%
・第3四半期(9月1日~11月30日)
→23.2%
・第4四半期(12月1日~2月28日)
→28.1%

 

このことで、何がわかるのか?と言いますと、この組織の売れ方の特徴。癖のようなことが見えてくるということです。以下どのような癖が見えるのか?を箇条書きしていきます。

・春夏より秋冬の方が得意(下期の方が売上構成比が高い)
・セールに強い?(第1四半期よりも第2四半期。第3四半期よりも第4四半期の方が売上構成が高い)
・裏を返せば、プロパー販売に弱い?
・上記より、レディースのような3・9月に実売期がない
・第4四半期の売上構成比の高さからみて、アウター類の売上構成比が高い?

 

このようなことが、数字から推理できます。

皆様方は、自社の月売上や週売上をいつもご覧になっていることでしょう。月売上構成比や週売上構成比というものは、必ず自社の特徴が掴みやすい指標になりますので、今まで気にしていなかった方は、是非気にしてみてください。次回からは、粗利・仕入・在庫から見えることを考えていきます。

では、皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉗

    2021-06-09  MD視点での決算書の読み方

    以前の記事で、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。前回の記事では、A・Bを考察しましたので, 今回の記事では […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉖

    2021-06-02  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。今回の記事では、それぞれのケースを考察していきます。 決 […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉗

    2021-06-09  MD視点での決算書の読み方

    以前の記事で、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。前回の記事では、A・Bを考察しましたので, 今回の記事では […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉖

    2021-06-02  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。今回の記事では、それぞれのケースを考察していきます。 決 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング