MD視点での決算書の読み方  2021-04-07

決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう⑲

前回の記事では、しまむらの粗利率の低さの理由と仕入形態について考察していきました。今回は、しまむらの売上・仕入・粗利・在庫コントロールについてを、決算書から拾った数字で作成した
OTB表から考察してみます。

決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう⑱

〇2021年2月期(2020年度)も連動して数字を並べると?

今までの記事では、2020年2月期(2019年度)の数字を決算書から拾いOTB表を作成しましたが、今回の記事では、コロナ禍で多くの組織の業績が悪化した、2021年2月期(2020年度)のOTB表も作成して、連動してみることで、しまむらの売上・粗利・仕入・在庫コントロールを考察していきます。

 

 

〇在庫回転の良い理由は?

しまむらのMDの数字の特徴をもう一度、振り返りますと、その特徴は?

・粗利率の低さ
・在庫回転率の良さ

 

このことになります。前回の記事で、粗利率の低さの理由は考察していきましたので、今回は在庫回転率の良さの理由を考えてみます。

在庫回転率の計算式は?

→(期間)売上原価÷(期間)平均在庫=在庫回転率

 

となります。在庫回転率を高めたければ、売上原価をアップされる施策を考えるか、平均在庫が減る施策を考えればよいわけです。しまむらは、その粗利率の低さからセールをして粗利を犠牲にし、売上原価をアップさせていると考えられがちですが、実は、他社に比べても年間のOFF率は低いと考えられ、そのことで在庫回転率を高めているのでありません。

 

 

〇平均在庫が少ない理由

寧ろ、しまむらの在庫回転率の低さの特徴は、その平均在庫の少なさです。平均在庫を少なくするには、以下のような施策が有効になります。

① (商品の)販売期間を短く設定する
② SKU展開を狭める
③ リードタイム(以下LT)の短さ

 

他にもありますが、これらの施策が有効となります。

①の件で考えてみると、しまむらは従来より、商品の追加発注はしない!と言われており(例外もあると思われる)、基本。新商品として店頭で展開された商品は、30日~45日ほどの期間で売り切る!設定を講じていると考えられます。

例えば、ある商品の販売期間を2か月に設定し、商品のLTが2か月以上かかる組織ならば、事実上、商品の追加発注はできません。また、初回発注で売上の2か月分は、確実に仕入しなければならないので、平均在庫は多くなります。しかしながら、販売期間を短く設定していれば、基本。売上の30日から45日分の商品を発注しておけば良いわけですから、平均在庫が少なくなるわけです。

 

 

〇販売期間を短くすることのデメリット

但し、この販売期間を短くする!というのも、デメリットが生じます。販売期間を短くすると、商品の投入アイテム数が増加します。そうなると、メリットとして店頭の鮮度を保てるということがありますが、裏を返せば、それだけ店頭での商品の陳列作業業務が増加します。ですので、本部からの売り場のVMD指示や、商品の店頭到着スケジュール。また、各商品の発注数(商品の発注数の多さは、VMDと連動する)等、本部と現場が、情報と目的の共有がなされていないと大変なことになります。ということは?現場の作業オペレーション等を、事前に緻密に作成しておく必要があるでしょう。

(実際に、2年前くらいのしまむらの三軒茶屋店は、商品管理が追い付かず店頭がカオスな状況となっていた。)

更なるデメリットは、販売期間を短くを設定していますから、売れない商品をほったらかしにしておくと、店頭から商品が溢れかえることになります。また、そのような商品が積み上がると、在庫も増加していきます。

このような状態にならない為には、商品の売れ方・残り方で、何段階の設定を作り、自動的に売価を変更できるような仕組みがないと、組織がまわらくなります。おそらく、しまむらでは、そのような仕組みがしっかりと構築されているのだろうということが推測できます。

今回の記事では、しまむらの売上・粗利・仕入・在庫コントロールの優れているところが、あまり考察できてませんので、2020年・2021年度のOTB表と、しまむらのLT。そして、何故?売上・粗利・仕入・在庫コントロールが上手いのか?ということを考察していきます。

では、皆様。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう(最終回)

    2021-06-30  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、ある組織A・Bの既存店の過去5年の数字(売上・客数・客単価)を、その組織のIRで調べた数字を図にし、組織Aの考察をしていきました。今回の記事では、組織Aには実は良い兆候が見える!という […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉙

    2021-06-23  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事から、違う視点でIRから見える売上・客数・客単価を考察していこう!ということを試みています。 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘ その際に注意すべき点として、以下の項目を掲げま […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング