MD視点での決算書の読み方  2021-05-12

決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉓

前回の記事では、アパレル小売の決算月は2月が好ましい?その理由として、3月末が決算日だと。

”❶ MD予算設計がややこしくなる→特に仕入予算”ということをお伝えしました。

決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉒

今回は、もう一つの理由。

❷ シーズン区分・販売終了日とずれるから

このことを、以下その理由を記載していきます。

 

 

❷ シーズン区分・販売終了日とずれるから

これも、❶と連動し似たようことではありますが、このアパレル小売り業界の冬物の売り終わり、販売終了日は、2月28日と設定できるところが多いでしょう。
そのように考えると、2月末の冬物の売り終わり(ファミリーセール・アウトレット売も含む)。そして、春物商品に店頭が、ほぼ入れ替わっているあろうこの時期に決算日と(冬物の)販売終了日が同一日というのは、アパレル小売業の組織にとっては、大きな節目となりますから、その日にちが一致している!いうのは、組織全体の目標設定・検証等の面からみても好ましいことです。このことから考えると、8月末決算もベターな選択とも言えるでしょう。(UNIQLOは8月末決算)
また、付加価値が高くセールをしない組織は、1月末や7月末に決算日を設定しても良いかもしれません。

決算月・日の設定というのは、組織それぞれに事情があり、日にちを選定するのも組織の自由です。ですが、日本の会社組織が3月末決算の組織が多いというのも理由があります。(以前の記事でお伝えしたようにアパレル小売の組織にも3月末決算の組織が多い。下記の記事は、そのことがわかりやすく記載されているので、興味のある方はご覧くださいm(__)m)

”日本企業の決算日、「3月末」が多い4つの理由”

しかしながら、服という工業製品としての鮮度は下がらず、商品自体の鮮度が下がるものを在庫として持たねばならないアパレル小売業の場合は、その組織・ブランド・ショップのコンセプトと、決算月が連動させる!ということは、昨今問題になっている在庫過多問題においても、大きな意味があります。ですから、機能するかどうかもわからない、AIやDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、大きいお金を使う前に、一度、自社の決算月をコンセプトと結び付け考えてみる。そして、そのことによる弊害が大きいと判明したならば、そのことを一度見直してみる方が、名ばかりデジタルの推進よりも、よっぽど有意義ではないでしょうか。

では、皆さん。次回もお楽しみに。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
佐藤 正臣(マサ佐藤)
WRITER

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter

(株)エムズ商品計画オフィシャルサイト】(株)エムズ商品計画代表取締役。大分県大分市出身。リテールMDアドバイザー。繊研新聞社より「数学嫌いでも算数ならできる筈〜算数で極めるMDへの道」出版。大手アパレルからライフスタイルブランド・スーパーマーケットなど、あらゆる分野のマーチャンダイジング改善に従事。仕事依頼は上記弊社ウェブサイトリンクよりお願いします。唯一の趣味は古着収集。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉗

    2021-06-09  MD視点での決算書の読み方

    以前の記事で、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。前回の記事では、A・Bを考察しましたので, 今回の記事では […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉖

    2021-06-02  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。今回の記事では、それぞれのケースを考察していきます。 決 […]

RECENT ENTRIES

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉘

    2021-06-16  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、IR情報に掲載されている客数・客単価を見るときに、MDとして注意すべき点を記事にしていきましたが、今回の記事では、違う視点で客数・客単価の数字に関して記事にしていこうと思います。 決算 […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉗

    2021-06-09  MD視点での決算書の読み方

    以前の記事で、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。前回の記事では、A・Bを考察しましたので, 今回の記事では […]

  • 決算書を読むことでMDの数字面の仕事を鍛えよう㉖

    2021-06-02  MD視点での決算書の読み方

    前回の記事では、売上・客数・客単価がどのような状態になっていれば、MDとして是なのか?非なのか?ということを、問題形式でA~Fの例を出しました。今回の記事では、それぞれのケースを考察していきます。 決 […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング