ファッション全般  2016-02-17

全ては顧客の体験向上の一手段

<The Flagイシュー>
ECにおいて”速さ”より重要な事とは?

amazonを始め、様々なECサイトではそれぞれ顧客体験の向上を目指しています。今風に言うと、「ユーザーエクスペリエンスの設計」というところでしょうか。

 

何を提供するかは「顧客視点」で決める

顧客が求めいているのが「スピード」なのか「独自性」なのか「返品無料」なのかの違い。それは企業の狙うセグメントによって左右されます。重要なのは結局「顧客視点」。スピードだけがそのソリューションではないのは皆さんおわかりでしょう。

 
 

顧客セグメントとコアコンピタンスによってサービス内容は変わる

アマゾンはとにかく利便性を追求しているように見受けられますし、ここの部分で勝負しても資金力と規模で勝ち目がない。全く違うアプローチとしては「北欧暮らしの道具店」があげられます。こちらはとにかくコンバージョンを意識しないという戦略。トラフィックを上げる事を重視し、ウェブメディアのようになっています。ここ最近では「メディア×EC」という動きが活発に見られます。ブランドがオウンドメディアを持ちECと連携したり、ウェブメディアがECを始めたり、ソーシャルメディアにBUYボタンがついたり…。結局、「人が集まる=体験向上」からの「マネタイズ=EC」といった流れでしょうか。

 
 

ユーザーとの「コンテンツ共同制作」がトレンド?

先日開催されましたデコーデッドファッションでは登壇者のケイティ・バロンが、ミレニアル世代の消費動向は「プロシューマー時代の到来」、つまりユーザーとの共同制作だと言っていました。自分だけのカスタムデザインはまさにこれで、ユーザーがコンテンツを作る事でプラットフォームの価値を向上させる仕組みがECにもやってきそうです。ECではありませんがWEARなんかはこの仕組みですね。独自コンテンツと体験向上がセットになっている非常に強みのある戦略です。

 
 

結局は全て体験向上の一手段にすぎない

どのECを見ていても、「コンテンツ」と「UX」をどう向上させるかにつきます。前回コメントしました「ネッタポルテ」の例もそうですが、お題にもある「スピード」はその一手段に過ぎず、何を重視するかは顧客次第。顧客次第でカタログ通販や店頭販売を望まれるかもしれませんので、ECすらも顧客にリーチする一手段にすぎないのですが。

SHARE

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+
  • LINELINE
深地 雅也
WRITER

株式会社StylePicks CEO。コンテンツマーケティングをメインに、ECサイト構築・運用・コンサルティング、ブランディング戦略立案、オウンドメディア構築、販促企画などをやってます。最近はODM・OEMメーカーのブランド設立支援、IT企業のアドバイザー、服飾専門学校講師、ライター業なども手がけてます。

FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
FOLLOW
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

株式会社StylePicks CEO。コンテンツマーケティングをメインに、ECサイト構築・運用・コンサルティング、ブランディング戦略立案、オウンドメディア構築、販促企画などをやってます。最近はODM・OEMメーカーのブランド設立支援、IT企業のアドバイザー、服飾専門学校講師、ライター業なども手がけてます。

COMMUNICATION

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECENT ENTRIES

  • サイトコンテンツの充実は何の為?

    2020-09-25  ECディレクターの為の教科書

    機会損失はある程度回避出来てきた。 メルマガ等で会員に告知も徹底している。 店舗活用で見込客をECに誘導した。   ここまで来るとEC担当者は「そこそこ運用が回ってきたな」と体感でも感じてく […]

  • ECにおける実店舗の活用法

    2020-09-18  ECディレクターの為の教科書

    ECは実店舗より販管費が低く、利益率が上がりやすい。そんなお話が数年前から業界でも取り沙汰され、多くの企業がECに徐々にシフトしてきました。コロナの影響でその勢いは加速し、大手アパレルでも「EC化率5 […]

  • 会員数増加を目指すなら特典をしっかり設計しましょう

    2020-08-21  ECディレクターの為の教科書

    ECサイトの売上アップを狙う際に、担当者が確実にチェックしなければならない「会員数」。お買い物の際に会員登録が必須のサイトもありますし、会員登録してもらえたらブランド側は次回からメルマガ等で様々な通知 […]

RECENT ENTRIES

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング