南充浩

南充浩

HEADLINE

  • しまむらの不振は自社EC運用で解消されるのか?

    2020-04-03  フルフィルメント

    しまむらが不採算続く約100店舗を整理へ、自社ECは予定通り下半期に開始 自社ECの運用を下半期に開始する予定で、開設までの間は同社の店頭取り寄せアプリ「しまコレ」の利用を促すことで店頭売上の低下を防 […]

  • 商品の追加発注について考えよう⑤

    2020-04-01  ブランド・ビジネス

    ・前回の記事のおさらい 今回は、前回出題した問題の答え合わせをしていきます。 商品の追加発注について考えよう④ 前回出題した問題は以下の通りです。 (解答はPCの画面でご覧頂けると幸いです。m(__) […]

ARCHIVE

  • 裏毛と裏起毛の違いがわかりますか?

    2020-03-30  
    ファッション全般

    のっけから何ですが、業界内での仕事で使う用語は正確に使われるべきだし、統一されるべきだと考えています。 例えば、デニムという生地に似た生地ではダンガリーとシャンブレーがあります。 デニムは、紺色(場合 […]

  • 染色の基本事項~染める段階でメリットとデメリットが変わる~

    2020-03-23  
    ブランド・ビジネス

    白いシャツ、白いTシャツ、白いズボンなど白いアイテムはシンプルなカッコよさがありますが、かなりの変態的愛好家でない限りは、白い服ばかりは着用していません。 必ず、カラー物・柄物も着用しているはずです。 […]

  • デニム生地のオンス数は元々は生地の分厚さを表す単位ではない

    2020-03-16  
    ファッション全般

        デニム生地やTシャツの生地を表す単位として「オンス」があります。 6オンスのTシャツとか、14オンスのデニム、なんていう風に使います。 生地に詳しい人はとっくにご存知ですが […]

  • 同質化する店頭

    2020-02-10  
    ブランド・ビジネス

    数年前ほどではないですが、今でも新しい商業施設がいくつかオープンしています。 しかし、個人的にはショッピングセンターにしろ、ファッションビルにしろ、同じようなブランドばかりが入店しているので、あまり興 […]

  • 暖冬でも売れる防寒アウターはある

    2020-02-03  
    ファッション全般

    早いもので今日は節分です。明日から立春ということになりますが、明後日は久しぶりに寒波が来るようで、大阪の最高気温は6度くらいと予想されています。 しかし、それも長続きしないようで、本当に暖冬なのだとい […]

  • 防寒アウターよりもウールのセーターの方が今後展開量が減りそうな理由

    2020-01-27  
    ファッション全般

    今秋冬の話題としては史上まれにみる暖冬があります。 暖冬の影響で、単価の高い防寒アウターが売れにくくなり、どのブランドも苦戦傾向にあります。   いくらかっこよかろうが、ブランドの人気があろ […]

  • ワークマンの商品販売サイクルが長い理由

    2020-01-08  
    ファッション全般

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。   何かと不景気なアパレル関連のニュースが多い中、数少ない明るいニュースの一つがワークマンの躍進です。 ですから、様々なメディア […]

  • 梳毛と紡毛について

    2019-12-23  
    ファッション全般

    前回、ウール(羊毛)の特性を踏まえて、なぜウール製品を洗濯すると縮んでしまうのかについて手短にまとめてみましたが、今回は梳毛と紡毛についてです。 羊毛を除いて、動物の毛を衣料品業界では「獣毛(じゅうも […]

  • ウールのセーターを洗濯すると縮みやすい理由

    2019-12-16  
    ファッション全般

    先日、ツイッターでウールのセーターが縮んだときのことが話題になったことがある。 世の中にはいろんな人がいると痛感したのだが、その際「セーターを洗って縮めることなんてよくあることだから煽るな」という謎の […]

  • ラグジュアリーブランドが生まれにくい社会とは

    2019-12-09  
    ブランド・ビジネス

    日本国内には様々な洋服ブランドがあります。低価格ゾーンから高価格帯までありますが、欧州に見られるようなラグジュアリーと呼ばれる超高級ブランドはありません。 コム・デ・ギャルソンやヨウジヤマモト、イッセ […]

  • 長所と短所は表裏一体

    2019-12-02  
    ブランド・ビジネス

    長所と短所は表裏一体で、長所ゆえに欠点に変わること、短所ゆえに長所に変わることも珍しくありません。 一つの事象で良い悪いは単純に判断できないのです。   例えば、日本人は英語が話せないという […]

  • サンプルにも製造コストがかかっている

    2019-11-18  
    ブランド・ビジネス

    洋服を製造する際、いきなり完成品が出来上がるのではなく、サンプルが作られ、それを修正して完成品となることは、意外に知られていません。 消費者はもちろんのこと、販売員やセレクトショップの本部スタッフです […]

  • 70代のスマホ使用者は確実に増えている

    2019-11-12  
    ブランド・ビジネス

    先日、母方の祖母の法事に出かけましたが、叔父も70歳代になり、叔父の同世代の親類もほとんど60代後半から70代半ばになっていました。 法事には飲み食いが付き物ですが、その時にみんなを観察していると、ほ […]

  • 実店舗で買っている人は、まだ8割~9割もいる現実

    2019-11-04  
    ブランド・ビジネス

    アパレル業界では、EC、いわゆるネット通販が伸びている市場だと認識されているが果たしてそうだろうか? もちろんEC市場規模は伸びているが、国内アパレル市場規模は9兆2000億円前後を推移し続けている。 […]

  • 百貨店は「オワコン」か?少なくとも「成長産業」ではない

    2019-10-28  
    ブランド・ビジネス

    百貨店はオワコンかそうでないか、という論争がありますが、正直なところ「オワコン」とまでは言えないが、決して「絶好調」とか「成長産業」とは呼べないと思います。また「安定産業」とも呼べません。 「斜陽産業 […]

  • 企画が会議で通らないのは「根回し」が足りないから

    2019-10-21  
    その他

    開催前の予想に反して、ラグビーワールドカップは大いに盛り上がった。 残念ながら日本代表はベスト8で敗退してしまった。   ワールドカップ開催前には、ワールドカップの放送権がないTBSが池井戸 […]

  • 国内デザイナーズブランドはファッションショーを開催しても売れない

    2019-10-14  
    ブランド・ビジネス

    華やかに思われがちですが、厳しいのがアパレル業界ですが、その中でもとりわけ厳しいのがデザイナーズブランドではないかと思います。 一部の大手ブランドを除けば、その台所は火の車なのです。 先日、東京コレク […]

  • 投資ファンドによるM&Aでジョンブルが新体制に

    2019-09-16  
    ファッション全般

    どんなに優れた賢者でも、どんなに頑健な鉄人でも必ず老化し、死ぬ。 そのため、事業でも技術でも継承する必要があります。活動を永遠に続けられる者はいない。   事業継承というのは、簡単なようでい […]

  • 洋服の価値はわかりにくい

    2019-09-09  
    ブランド・ビジネス

    2週間ほど前に某ウェブメディアからの依頼で原稿を送ったのですが、その後何の返事もないので、お蔵入りになったのだろうと思います。 せっかく書いたのにお蔵入りはもったいないので、こちらで紹介したいと思いま […]

  • 海外進出に成功した小規模ブランド

    2019-09-02  
    ファッション全般

    世間的にはまるで知られていなくて、なおかつ小規模でも非常に上手くビジネスが回っているブランドがいくつもあります。 今回はそんなブランドを一つご紹介したいと思います。   日本国内のアパレル市 […]

  • ジーユーが990円ジーンズを発売したのは10年も前だという衝撃

    2019-08-26  
    ファッション全般

    衣料品業界で値上げは難しいと言われますが、低価格ブランドの代表ともいえるジーユーがかなり値上げしているのをご存知でしたか? と言っても、ジーユーは明快に「値上げします」とは発表していません。気が付いて […]

  • 浴衣の売れ行きに陰り?

    2019-08-19  
    ファッション全般

    今年も多くの花火大会がありました。 大阪でいえば、天神祭り、PLの花火大会、淀川花火大会が大規模イベントで、それ以外の中小イベントは各地で毎週のように行われました。 夏祭り、夏の花火大会といえば、浴衣 […]

  • 人間は環境負荷をゼロにはできない

    2019-08-12  
    ファッション全般

    サステイナブルやエコなどの切り口が大流行しています。 しかし、基本的に人間が快適だと感じる状況や人間が快適に過ごせる状況は、自然環境とは真逆であることを忘れてはなりません。 人類が生きていれば、自然環 […]

  • 手段の目的化は必ず失敗に終わる

    2019-08-05  
    ブランド・ビジネス

    勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。 プロ野球の名監督、野村克也氏の言葉で、勝つときには偶然や幸運が手伝ってくれることがありますが、負けるときには負けるべくして負けるという意味です。 これ […]

  • 【在庫処分最前線】異業種からの参入者からはアパレルの在庫処分市場にチャンスが見える

    2019-07-29  
    ファッション全般

    【在庫処分最前線】 第3回 ラックドゥ 今堀陽次社長 ・5年で15店舗出店の急拡大中の在庫処分店「ラックドゥ」 ・福祉との連携や大型の現金問屋などの新店舗構想も   ちょっと間が空いてしまっ […]

  • 日本市場ではZARAはこれ以上売り上げ規模を拡大しにくい

    2019-07-22  
    ブランド・ビジネス

    好調ブランドの代表としていつもZARAが挙げられます。 世界的に見れば、まだ成長は可能だと思われます。既存店売上高の拡大は微妙ですが、出店数が少ない地域がまだまだあり、出店数を増やせば売上高は増えます […]

SPECIAL 
JOURNALS

BY UP&COMING EDITOR

MORE

CHIEF 
EDITOR’S

BY CHIEF EDITOR

MORE

ランキング